PONYの缶詰

映画・小説・旅行・カメラ・グルメ・日常のざれごとを面白く書く

【し】映画レビュー

『シャーロック・ホームズ』(2009) -397

ジュード・ロウ(ジョン・ワトソン)邪悪な黒魔術を操るブラックウッド卿は、巨大な闇の力とのつながりをほのめかし、すぐ復活すると言い残して処刑される。するとやがて、ブラックウッドが本当に甦ったとの報せが。そしてブラックウッドは、ある秘密組織の頂…

『映画 ジャンパー 』-396

二本目の映画は「ジャンパー」ある日突然うだつの上がらない青年がどこへでも瞬間移動できるようになるんですが・・・これがまた世界中へいくわけでなんですがVFXてのかとにかく凄い映像とエジプトやローマなどいろいろ行きますやがて敵?に追われるんですが…

『ジョゼと虎と魚たち』-395

ジョゼと虎と魚たちこの映画がブッキーの出世作かもしれない始めなんだ?このタイトル 全く内容のつかめないタイトルでまいいや話題の妻夫木聡出てるし 見たろくらいで借りてきたイ・ビョンホンと HEROの時かなこれはところがこの映画かなり泣けます ヒロイ…

『ジュリー&ジュリア』(2009)-394

エイミー・アダムス(ジュリー) メリルの横にいたスタンリー・トゥッチが終始大人でメリルに優しかったですいつも酔っ払いのようなしゃべり方をするジュリアが少し気なりましたがあれは実際の人物があんな感じだったのでしょうかブログで料理、と言う題材は…

『幸せのレシピ』 -393

映画レビュー『幸せのレシピ』 キャサリン・セダ・ジョーンズ主演のレストランシェフ厨房舞台の恋愛もの料理人ってのは日本でもアメリカでも【頑固】なんですねーPOPな展開の恋愛映画かと思いきや前半は色々とわけありで単純ではありません見どころはやは…

『幸せになるための27のドレス』 -392

『幸せになるための27のドレス』『プラダを着た悪魔』が面白かったので同スタッフ作成ってことでこれも見てみることに新ロマコメ女王といわれてるキャサリン・ハイグルなかなか綺麗な人だブライダル映画だけにいろんなドレスが登場するんだけど実は自分ほ…

『しあわせの隠れ場所』(2009)-391

クィントン・アーロン(マイケル・オアー)ジェイ・ヘッド(S・J・テューイ) そこには、どんなにもがいても抜け出せない場所がある一方事業に成功し悠々の生活を送る白人の家族ひとりのホームレス黒人青年を家に招きまして暮らす、やがて彼はプロのアメフ…

映画【JUNOI】 -390

『JUNO』 全くといって期待もしてなかったこの映画女子高生が遊びでHして妊娠うんぬん・・重い内容が予想されたがそれははじまった途端にいい意味くつがえされる ん?なにこれ案外とおもしろそう主役の女優うまいです とても自然で映画見てる気がせず日…

『ショウほど素敵な商売はない』-389

ポルトガル語版映画タイトル右からマリリン・モンロー/ドナルド・オコナー/エセル・マーマン/ダン・デイリー/ミッチー・ゲイナー/ジョニー・レイ<ストーリー>1930年代、ボードビルの大スターであったドナヒュー一家の子供達の成長と美しい家族愛に、素晴らし…

『市民ケーン』ーー388

『市民ケーン』(原題:Citizen Kane)1941年公開オーソン・ウェルズ:監督・製作・脚本・主演映画にはお菓子とタバコと飲み物♪ローズバット(ばらのつぼみ)とは何なのか!?この字幕文字レトロじゃ~~❤あらすじ❤鬼才ウェルズ監督が、25歳の若さで発表した…

『シマロン 』第4回(1931年)アカデミー賞作品賞-387

1889年のオクラホマにおける土地獲得レースこの場面は、ペイカースフィールド近くのジャスミン・クイン牧場の敷地で5000人のエキストラ、47台のカメラを使って撮影されました。カメラ・クルーは全部で61人で、1つの場面を撮影するのにこれだけ多数のクルー…

『シカゴ』2002年:第75回アカデミー作品賞 -386

出演:リチャード・ギア レニー・ゼルウィガー『ベティ・サイズモア』『ブリジット・ジョーンズの日記』キャサリン・ゼタ=ジョーンズ『幸せのレシピ』 1920年代のシカゴ。スターを夢見るロキシーは、キャバレーの専属歌手ヴェルマのステージを羨望の眼差し…

『G.I.ジョー』-385

監督: スティーブン・ソマーズ:2009年 / アメリカ出演: チャニング・テイタム レイチェル・ニコルズ マーロン・ウェイアンズ イ・ビョンホン 悪役でビョン様登場~~♪ハズブロ社販売の同名アクション・フィギュアをもとにしたTVアニメを、「トランスフォー…

『紳士協定』(1947)第20回アカデミー作品賞 -384

Gentleman's Agreement - Trailer [1947 [20th Oscar Best Picture]]主演: グレゴリー・ペック/ローマの休日 (1953):アラバマ物語 (1962) 製作: ダリル・F・ザナック /イヴの総て (1950):わが谷は緑なりき (1941)監督: エリア・カザン /欲望という名の…

『シンドラーのリスト』(1993年)第66回アカデミー作品賞-383

監督: スティーヴン・スピルバーグ 一つの命を救える人は世界も救えるアウシュビッツ絶滅収容所ブルニェネツに残るシンドラーの工場ナチによるユダヤ虐殺をまのあたりにしたドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、秘かにユダヤ人の救済を決心する。彼は労…

『ジャッカルの日』(1973) -382

ミシェル・ロンスデール(ルベル警視)フレッド・ジンネマンのこれが最高傑作ではないでしょうか後に『ジャッカル』と言う題名でR・ギア&B・ウィリス主演でリメイクされてますが断然こちらをお勧めしたい(と言うか雲泥の差ですやん)殺し屋の名前は『ジャ…

『十二人の怒れる男』(1957) -381

リー・J・コッブ(陪審員3番)ナイフが2本出てくるだけです。安すっ!製作費ギャラ以外だと2万円くらいじゃないの?調べてみた 製作費『35万ドル!』参考までに他の映画と比較してみますと【1】タイタニック ・・・2億ドル 【2】ウォーターワールド ・…

『情婦』(1957) -380

マレーネ・ディートリッヒ(クリスチーネ)エルザ・ランチェスター(付き添い看護婦)映画を見よう!と切り替えて欲しい。もちろん観賞後になると あ~~なるほどそれでタイトルが『情婦』だったのか~と妙に納得するのですが・・ユンケル皇帝パワー!でましたタ…

『白と黒のナイフ』(1985) -379

ジェフ・ブリッジス(ジャック)タイトルの『JAGGED EDGE』はエッジがジャギーなもの犯行に使用されたギザギザのナイフのこと主役には、『無冠の名優』と言われつづけましたが、ついに今年82回アカデミー主演男優賞を獲得したジェフ・ブリッジス。 相方で弁…

『七年目の浮気』(1955) -378

トム・イーウェル(リチャード・シャーマン) ★マイ愛読書♪見れるのが『七年目の浮気』これ読み方「ななねんめのうわき」、「しちねんめのうわき」?正解は「しちねんめのうわき」NYの路上で撮影されたこの場面に憤慨した夫のディマジオとこれがきっかけで…

『史上最大の作戦』(1962) -377

ヘンリー・フォンダ ショーン・コネリーポール・アンカ血のオマハ」1944年6月6日『史上最大の作戦』のノルマンディー上陸作戦を主とした戦争映画です。その中でも一番おいしい役してたのが、ロバート・ミッチャムです。他の俳優たちは一応に凄惨な戦いを潜り…

『JFK』(1991) -376

トミー・リー・ジョーンズ(クレイ・ショー) ジョー・ペシジャック・レモンケヴィン・ベーコンジョン・フィッツジェラルド・ケネディ :第35代アメリカ合衆国大統領暗殺事件の真相をえぐる超大作まずこちらを見ていただきたい1962.8.5:マリリン・モンロー…

『ジャスティス』(1979) -375

ジョン・フォーサイス(フレミング判事)彼は権力だけを振りかざす横暴なフレミング判事と常に対立関係にあった。が、ある日、婦女暴行罪で訴えられたフレミングの弁護を受け持つことになり……。名優パチーノが正義感あふれる青年弁護士を熱演。一番多いのが…

『ジャイアンツ』(1956) -374

ロック・ハドソン(ジョーダン・”ビック”・ベネディクト)デニス・ホッパー(ジョーダン3世) レズリーに恋心をもったベネディクト家の使用人のジェット・リンクは、石油を掘り当て億万長者となる。ヴィック・ベネディクトとレズリーの人生、2人に生まれた子…

『知りすぎていた男』(1956) -373

ドリス・デイ(ジョー)ロイヤル・アルバート・ホールあまりおちょけた行動は取りませぬ相手役にドリス・デイ、この女優さんは映画よりも歌で超有名ですね「ケ・セラ・セラ」の元祖はこの人です。映画の中でも存分に歌いますこの夫婦に息子の3人でカサブラン…

『十戒』(1956)-372

ユル・ブリンナー(ラメシス)ハリウッド創世記からの巨匠ですが、僕らが見てるのは彼の最後のほうだけでしょう前作の「地上最大のショウ (1952)」くらいかさてこのキャスト一見豪華なチャールトン・ヘストン&ユル・ブリンナーに王女アン・バクスターですが…

『上流社会』(1956) -371

ビング・クロスビー(デクスター)セレステ・ホルム(リズ)グレイス・ケリーだと思う。彼女の活躍は1952~1956の5年間 残した映画は11本年齢は23~28歳の時期。その最後の主演作が『上流社会』。すでにモナコ王子様との結婚が決まっていてこれが見おさめで…

『シリアナ』(2005) -370

マット・デイモン(ブライアン) ジェフリー・ライト(ベネット)元CIA工作員・ロバート・ベアによるノンフィクション「CIAは何をしていた?」 冬~~~のシリアナ~~男ってやつわ~中東情勢は・・ま、シリアナ東京で踊ってるほうがマシなんだと!ぉぉ!『シ…

『ジャガーノート』(1974)-369

オマー・シャリフ(ブルネル船長) 「圧倒的破壊力」とう意味の単語だそうだ。ハリポタのダンブルドア校長役リチャード・ハリスが主役。舞台になるブリタニック号船長に「ドクトル・ジバコ」オマー・シャリフ、まだ30代髪の毛ある若きアンソニー・ホプキンス…

『幸せはシャンソニア劇場から』(2008) -368

ノラ・アルネゼデール(ドゥース) 歌もええやん♪閉館した劇場の再建物語に悪者ボス、ラブロマンス、可愛い息子・・・などなど定番の予測では最後に劇場が満員になって息子のアコーディオン中心に全員がハッピーに歌って終わる。見てるものは泣けて拍手~♪お…