PONYの缶詰

写真・映画・小説・旅行・グルメ・日常のざれごとを面白く書く

【ほ】映画レビュー

ホテルハイビスカス -783

ホテルハイビスカスナビィの恋とともに沖縄が好きな人には是非見てほしい映画ですこの映画に魅せられて 実際にこのホテルハイビスカスのある沖縄へいきましたその場所は米軍相手と思われるスナックが密集する場所にあり足を踏み入れると沖縄にこんなところも…

『砲艦サンパブロ』-782

題 : The Sand Pebbles. 製作年 : 1966年主演:スティーブ・マックィーン♠【あらすじ】 1926年、ジェーク・ホルマン(スティーブ・マックィーン)一等機関兵は、砲艦サンパブロ号に赴任するため上海にやってきた。赴任先まで行くフェリーで宣教師ジェー…

『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994)第67回アカデミー作品賞-781

監督: ロバート・ゼメキス 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』出演: トム・ハンクス (フォレスト・ガンプ)/サリー・フィールド/ロビン・ライト/ゲイリー・シニーズハーレイ・ジョエル・オスメント /ガンプの息子(フォレスト・ガンプ) フォレスト・ガ…

『炎のランナー』(1981)第54回アカデミー作品賞-780

イアン・チャールソン(エリック・リデル)短距離走選手が1924年のパリオリンピックで活躍し金メダルを取る物語でも単純なスポ根映画じゃないところがいんですねー主人公は二人 ユダヤ人でケンブリッジに通うエイブラハムズと宣教師をめざすリデル一度対戦しま…

『暴力脱獄』(1967)-779

ジョージ・ケネディ(ドラグライン)ストローザー・マーティン(刑務所所長 )この映画はHKさんの推薦ようやく見れました。昔会社の部下で社長が巡回に来たときに「君は何しに会社に来てるんだね?」と尋ねられたそいつは「暇つぶしに来てます」といってのけ…

『ホテル・ルワンダ』(2004)-778

ジャン・レノ映画の舞台となったホテル“ミル・コリン”(実物:現在は営業再開)ポール・ルセサバギナ本人無力ながらも踏みとどまり続ける国連軍や有名ホテルとしてのステータスを盾に人々を過激派からかばい続ける一方で、ホテルの支配人として培った人間関…

『北北西に進路を取れ』(1959)-777

エヴァ・マリー・セイント(イブ・ケンドール)いわれるかよ!オグリキャップの間違いだろ ブハハ!この場合まだ小栗旬知ってるからマシである。主人公のロジャー・ソーンヒルはある日‘お前キャプラやろ!’と言われ拉致監禁されます。誰やねんそれ! てかマジ…

『冒険者たち』(1967) -776

リノ・ヴァンチュラ(ローラン)後半の舞台フォール・ボワイヤールヴァンチュラ、ドロン、そしてシムカスの新鮮な魅力と、フランソワ・ド・ルーベの音楽を得て、R・アンリコが生み出した珠玉の名作キネマ旬報/名作100本見たのか俺?53作品目男たちは世界中…

『ボーン・アイデンティティー』(2002) -775

フランカ・ポテンテ(マリー) 名前も、身元も、経歴も、何一つ判らないのに、彼には何故か「戦う術」が身についていた。 唯一の手掛かりである、チューリッヒの銀行の口座に預けられていた金庫の中には、6カ国分のパスポートと6つの名前、思いも寄らぬ大…

『ボーン・スプレマシー』(2004)-774

フランカ・ポテンテ(マリー)ブライアン・コックス(アボット)スミノフ「暇だし壁に落書きでもするか?」僕「いいね~」そして夢中で駅の壁に落書きしはじめた『マリー命』 僕「いいだろ?日本語だぜ」そこへ足をひきずった男が通りがかり驚いたように僕を…

『ボーン・アルティメイタム』(2007) -773

ジュリア・スタイルズ(ニッキー・パーソンズ)いよいよ「アルティメイタム」(最後通告)※最後通告(さいごつうこく)とは外交文書の一つで、国際交渉において最終的な要求を提示し、それを相手国が受け入れなければ平和的な交渉を打ち切る意思を表明するこ…

『慕情』(1955)-772

ウィリアム・ホールデン(マーク・エリオット)「愛は多くの輝きに満ち溢れている」と言う感じでしょうか主演のウィリアム・ホールデンはこれが一番二枚目の役どころでしょう相手役にはあの口うるさい大プロデューサーであるセルズニックの嫁さんジェニファー・…

『望郷』(1937) -771

ミレーユ・バラン(ギャビー)カスバ位置関係図世界遺産カスバペペ・ル・モコとイネスミレーユ・バラン(ギャビー)【キネマ旬報「オールタイムベスト・ベスト100」】名作100本見たのか俺?選出(25位)ここは地の果て アルジェリア どうせカスバの 夜に咲く~…

『ボーダー』(2008)-770

アル・パチーノ(ルースター)互いに尊敬しあい、強い絆で結ばれたタークとルースターは長年パートナーを務めてきたニューヨーク市警のベテラン刑事。正義感ゆえに熱くなりがちなタークと冷静沈着なルースターの名コンビで、幾多の悪党たちを刑務所送りにして…

『星に想いを』(1994)-769

アインシュタイン恋の相対性理論

『ボディ・ダブル』(1984)-768

で?パルマはヒッチコックシンドローム化する

『ホリデイ』(2006)-767

最涙!泣けるラブロマンスの傑作

『フォーリング・ダウン』(1993)-766

キレた男 マイケル・ダグラス

『暴走機関車』(1985)-765

こいつの人生が暴走機関車だ!

『ボルベール <帰郷>』(2006)-764

女性たちの赤色エレジー。赤い映画

『ぼくのエリ 200歳の少女』(2008)-763

彼女のオスカー 12歳の少年

『ホワイト・バッジ』(1992)-762

秀逸!韓国のベトナム戦争映画

『ホット・ショット2』(1993)-761

惜しくも超える笑いはない2

『ホット・ショット』(1991)-760

映画の原点は笑いだ!むっちゃ笑えます