PONYの缶詰

映画・小説・旅行・カメラ・グルメ・日常のざれごとを面白く書く

俺の愛車変歴(バイク編)

『ヤマハDT250』日本のオフロードバイク元祖

ケッチンを食らいまくったバイク どうもぉーPPP!トリプルPのPONYです。夜明け前のコンビニで蹴りました。 蹴ったのは初対面の女性でなくて、バイクのキックです。 このバイクの思いでの7割以上を支配するのが ケッチンを食らいまくったこと なにそれ?って…

あるバイク屋との出会い ホンダSL90(改)

すでに京都で一人暮らしを始め大学生となってもバイク熱は冷めず。むしろ通学など京都市内を移動するには必需品となったバイク。高校時代の終わりに出会った一件のバイク屋、いつしかそこでバイトしていた。その店は一般的な軒先に新車を並べて売るような店…

昭和原付列伝

クルマとバイクがまだ半々くらいの時代。そこには印象に残る原付たちがあった。犬のダックスフントをイメージしたDAX50は、その筆頭だった。ガソリンタンクを抱えこまないスタイルが斬新でした。後ろはゴリラクルマ(ホンダシティ)に積める!おかしな形のモ…

ホンダドリームCB450Tセニア~ナナハン

狭いパワーバンドとピーキーな性格を持つ2スト(2ストローク又は2サイクル)車が大好きだった。でも排気量が大きくなるにつれ扱い難さも併せ持つ。バイクには2ストと4ストと言う2つの異なるエンジンタイプがあった。性行為に例えると、恋人とラブホに入…

脱原付!スズキGT125

スピード狂の俺は、どうにも原付の制限速度30キロは、耐えがたかった。自転車じゃないんだからね~。でも原動機付自転車か・・自転車じゃね~しバイクだしそこで当時まだ大型二輪は、教習所で取得出来たので通い免許を手にした。しかし当時の大型バイクは高…

ロードバイクへの目覚め・YAMAHA・FX50~RD50

免停が明けてからも俺は、六甲、甲山を走りまわっていた。特に↓にある蓬莱狭に入ってはダートで遊んでいたのです。そこに行くまでの舗装路コーナを曲がる楽しさを覚えてMR50を手放し乗り換える。ヤマハFX50。そのままレースに出れそうなスタイルに一目ぼれし…

自転車小僧からバイクへ・・YAMAHA/MR50(1972)

こんにちは!バイク王ポニ男です。こちらはクルマを遡ること2年前からの俺のバイク変歴のコーナーざんす。幼帝の頃から機械いじりが好きで、中学、高校になってもその線が得意だった。どこかの工学部にでも入ってYAMAHAのエンジニアになるのが夢でした。とこ…