PONYの缶詰

映画・小説・旅行・カメラ・グルメ・日常のざれごとを面白く書く

俺たちの旅

京都三点攻め。護王神社・鉄道博物館・がんこ高瀬川二条苑

こんな京都もありかもね 今日はね、京都へ行ってきたのだ。まずは大津SAから琵琶湖を望む そして京都は烏丸通を北上し御所の前にある護王神社へ行きます ここはご神体が、イノシシと言うことで今年の干支。急に人気↑の場所です。 和気清麻呂ちゃんを祀ってい…

ミナミを斬る&中之島。ナイト&デイ

けったいな街、ミナミをいちびるの巻き んじゃ~いきまっせ~ まずは、くい だおれ人形前からいくあるよ このビルのテナントも随分と変わりました。今ではすしざんまいが入ってる。 ワレ~~~ここは大阪じゃ 横にある店で、大阪ミックッスジュースをじゅる…

三角点をめざして、風車群を見てきた 青山高原

前回出撃した時には濃霧で何も見えず半泣きで帰ってきたので リベンジじゃ!快晴じゃ~! 本州最大級の風車群がある青山高原。 今回はルートを変えて、西名阪中瀬ICから大山田を抜けるコースから 攻めます。 人も車さえいない真っすぐな道を進みます。 大山…

信楽(しがらき)で写真撮ってきたでぇー

陶芸なんか興味ないのに陶芸の森へいった おおここか!ええとこやないの 誰もおらんし静かやなぁ~ ウゲッ!休みかよ!そら誰もおらんはずやわ 散策でもするのだ。 朽ち果て具合がたまりません ここも休みやし・・・ ええ感じやわ 焼き立てー 定番のたぬきた…

鳥取のハワイってええとこやったわー

鳥取のはわい温泉、いってきたでぇー まずは、道の駅から東郷湖を見下ろすのじゃ 眼下にええ感じの景色が広がってる。 車道の脇にはヤシの木みたいなのが並びどんだけ~ハワイ意識してるねんです。 フラダンス教室なんてのもあります。 当然ながらハイビスカ…

青山高原(三重県)に行ったのだが・・

一基の風車も天候悪く見えねー 時折青空も見えるので今日は、青山高原まで行ってみよう ラベンダー畑とかあるメナード青山リゾートとは別の場所ね 到着です。雲の中を抜けて走る、バイクが沢山います 何も見えない!展望台へ行って見る 伊勢方面、雲の切れ間…

神々たちの聖地「伊勢神宮」に行ってきた

何度か訪れた伊勢神宮ですが、実は今まで一度も聖地である正宮まで 行ったことがなかったので今回はそこまで潜入してみます。 地下道を抜けます おはらい町に出ます。 お店を覗いてみよう 涼しげな飲み物 組みひも 伊勢は神の聖地であると同時に、赤福の聖地…

「倉吉白壁土蔵群」を歩いてみたのだ

町に溶け込んでいる風景 素敵な町だよねー 倉吉 TVや雑誌などで良くみかける白壁土蔵群って?どんなんやろね いってみよう! 後方に鎮座する「打吹山(うつぶきやま)」がまた素晴らしいです。 レトロさの中にも小奇麗にしてあるこの一角 ↓この角度からが一…

ベタ踏み坂をあのように撮るには工夫がいるのだ

鳥取県と島根県をまたぐ江島大橋に行ってみた こんなCM見たことありますよね? ベタ踏み坂 ダイハツ CM タントカスタム 坂篇 30秒 ほんまにそんな道路あるんか? てことで行ってきたのだ!! まずは遠くから見てみようぜー どうやら海の向こうに見えるアレが…

⑤旅行の帰路ってなんか寂しいよね😢

そんな時こそ帰路も観光列車で帰るのだ! もし車で出かけた旅行だと帰りは、ひたすらぶっ飛ばして家路を急ぎながら 明日からの仕事の段取り考えたり憂鬱な時間。 電車でも意気揚々としてた行きとは反対に寝て過ごすか、読書くらい こちらも明日からの仕事が…

④レジェンドオブ加賀屋が耳に焼き付く『雪月花歌劇団』

エンタメ旅館もここまでやれば本物だ! 夕食も終わると、普通の旅館ならあとは大浴場でももっかい入って 部屋でゆっくりするだけ~ですが、加賀屋の夜はここからね。 まずは、無料で見れるショーのある場所へ 太鼓とラテンのショーが見れます。この場所だけ…

③『加賀屋』海が見える食事は、晴れてなんぼ

行き届いた接客が、料理をおいしくさせる 今回泊った部屋は、『能登客陣』8階の貴賓室。旅館の部屋はどこも大差ない 特に古い旅館は、トイレと内風呂がネックになる。ココも例外でなかった そもそも温泉宿に内風呂などいるのか?入らないしいらないと思う。…

②和倉温泉と言えば『加賀屋』なのはなんでか?その魅力について

バブル黄金時代を生かした作りが令和でも通用する 年齢を重ねるごとに旅行でのスタイルも変わり、もっぱら『離れ』や『別邸』など 自分たちだけの世界に浸れる宿を求めるようになって加賀屋のようなマンモス旅館は あえて敬遠してきた。 団体客がいて騒々し…

①花嫁のれん号で和倉温泉~電車は楽し🚉

近鉄ビスタカーで京都どすえ 楽しみにしてた能登半島の旅が始まりました。出発! 名張駅に京都ゆき特急入線 今回は禁煙席で苦しいんですが、ビスタカーに乗りたくてあえて禁煙 二階建てのハイデッカー車です。 着座位置が高くて見晴らしがいいのだ 京都へつ…

近鉄王国三重県でJRネット予約e5489する

受け取り場所は伊賀上野駅しかない! 妻のいないつかの間の休日、やりたいことが沢山あって考えていたら 寝てしまっていた。花の写真でも撮りに行こう全然花なんて興味ないけど お題:菜の花畑で愛犬の写真を撮るヤツラを取る俺 お題:車の窓から眺める桜。 …

令和2年6月30日隠棲!その前に叶える夢の数だけ

休日のトイレで夢をカタチに 休日は妄想の時間、我が家は小汚いアパート暮らし。もちろんトイレも 美しくはないので色んな夢を壁隠しに張り付けている。 トイレに座った正面の二枚のチラシ。毎日これを見ながら念力をかけていた。 そして叶った宮古島。右の…

ハンセン病の向こう側 今まで人間じゃなかった・・

もう一つの顔、宮古島 旅行者にとっての宮古島は、ひたすら青い海と青い空の楽園。 自分もただの観光客に過ぎない。だけど出来るだけ観光ルートではない 場所にも積極的に足を踏み入れて見ることでもうひとつの宮古島を知ることが出来る。 ぱっと見、海辺に…

⑨【メシ編】最終日は島唄ライブ居酒屋/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

居酒屋郷家で最後の夜 酒は飲めなくても沖縄料理が苦手でもこんな所にはいっておきたかったのよね 19:30~のライブ前はまだ空いていましたが、すぐに一杯になった。 島の刺身盛り合わせ、たこのから揚げ、ニンニク風味から揚げからいきます。 ラー油で食べ…

⑧【メシ編】朝食もエセセレブ/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

俺たちだけのためのレストラン至福のとき 部屋を出て30歩ほど敷地を歩くとあるレストラン いいね~この演出 涙そうそうの歌詞だね 銀鱈の西京焼きは、絶妙な味付けで美味! しかし沖縄料理が苦手な俺・・ 他の食べれるかな・・食べてみた。ゴーヤ胡麻和え・…

⑥【観光編】記憶に残る景色たち/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

平凡な景色はどこにもない場所だった 宮古島の全体像とはこんな風になっています。 NO1ビーチ前浜は、天国にいるように美しかった 明石海峡大橋もこの景色には脱帽だな。伊良部大橋 東と西では全く異なる風景を持つ 岬 西平安名崎 牧歌的とはこうゆう景色の…

⑤【観光編】ハート岩/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

砂山ビーチでがっかりしたらココへ行け! 「純と愛」朝ドラで有名になったハート岩は、池間島にあります。 滞在してるアイランドテラスニーラからはすぐそこでした。 どんなんやねん!はいこんなんです。 ビーチにある岩の穴がハート型してるのね。ええ感じ…

④【観光編】砂山ビーチ/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

なんてことだ・・名所ががっかりポイントになっていた件 本島中心部から近い砂山ビーチに行って見よう 立派な看板が期待を煽ります。字のごとく数メートルある砂山をせっせと登ります 道が狭くて前から人が来るとすれ違うのに苦労します。 各ビーチには、危…

③【観光編】ベイクルーズ/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

観光船に乗ってみた。ベイクルーズ宮古島モンブラン 結構船ってのが好きで旅行に行くと大抵観光船に乗って見るのだ。 今回も空港からレンタカーで平良港へ直行。 伊良部大橋が出来るまでは、本土との連絡船に使われていた船が、橋の開通で御用済みとなりまし…

②アイランドテラスニーラ/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

陽光・海風・静寂だけの至福の宿 ニライカナイと言う言葉がある。海の彼方には神々が住む楽園があってね その場所の名前が「ニライカナイ」または、「ニーラ」 ガイドブックにはほんの小さな記事が紹介されているだけですが、本当のエセセレブは ここに滞在…

① 旅立ち/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

空蒼く、海蒼くいざ楽園へ 夜明け前、いよいよ自宅をマイカーで出発!一路関空へ爆走するのだ。 関空に到着~したのね いよいよ空の旅が始まります。機内は満席です。さすがに人気の宮古島だけある 窓から覗くと飛行場でも色んな人間が様々な仕事をてきぱき…

🏖興奮のるつぼ宮古島前夜の俺

飛び散る眼球、舞い散る万札 今回の宮古島旅行は、半年も前から予約していた。明日いくでー関空に~ どんなとこかな~?青いかな海。せや!潜って海んなか見たろー やる気満々やん!俺。ってもう俺ってクソじじいやのに海なんか入れるんか? 波乗り辞めてか…

近づく7連休。そして宮古島🏝へ

いよいよです!28日から夢の7連休㊗なのだ! そして行くでぇー 空と海の偶像、宮古島へ 行先は池間島という所 宮古島の北にある離島、池間島。とても小さな島みたいです。 ここに素敵な5室のみのホテルがあると聞いて行って来ます。 出発は30日、もう仕事な…

女人高野とは?室生寺をゆく

3.5快晴きっとそこにはなまめかしいオンナがウヨウヨいるはずだ。M字開脚でインリンが出迎えてくれるのかな~室生寺参道へ続く、太鼓橋へ到着この橋の向こうに待つインリン。こ・・・これが女人高野か~アレの前には手を清めるのだインリンいねーし静寂だし…

試算してみた東京。旅欲の果て

東京へ行きたくなった目的は、ただひとつ歌舞伎町を見てみたい!初めはその一点だった。だが人間てのは欲望の生物なのさ・・・頭に描くコースを試算してみる。金はいくらかかるんだろう?新幹線は、京都でなく名古屋から乗ることにする。名古屋まではバスで1…

三保の松原・日本平ホテル

新日本三景とは、北海道のポロトー、大分県中津市の耶馬渓、そして訪れた静岡の“三保の松原”このようなイメージを頭に東へ車を走らせる。西の人間には、新鮮な富士の文字。ついたでぇ~名勝 三保の松原あれ? 三保松原。“の”はいらんのね。松のカタチがすげ…