PONYの缶詰

写真・映画・小説・旅行・グルメ・日常のざれごとを面白く書く

【い】映画レビュー

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 -90

『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』懐かしいですねーインディージョーンズシリーズこの手の映画の先駆者でしょう。この映画は決して見るものの度肝抜くような場面ばかりじゃなくてあくまでもインディージョーンズなんだってのにこだわってる…

『イエスマン“YES”は人生のパスワード』-89

『イエスマン“YES”は人生のパスワード』 ジムキャリー映画の新作レンタル 映画タイトルほどに深い内容じゃなかったとにかくどこかで笑わせたいジムキャリー 目にとまったのが冒頭でジムがビデオ屋に入る『300』を手にするんだけど店内の奥正面の棚に一部分だ…

『イヴの総て』 -88

『イヴの総て』(All About Eve):1950年/第23回アカデミー作品賞【CAST・・・キャスト】マ-ゴ・チャニング‥‥‥ベティ・デイビスイヴ・ハリントン‥‥‥アン・バクスターアディソン・ドゥィット‥‥‥ジョージ・サンダースカレン・リチャーズ‥‥‥セレステ・フォル…

『いまを生きる』(1989) -87

その人はひらめきと、そして人生の素晴らしさをおしえてくれた…。監督: ピーター・ウィアー /出演: ロビン・ウィリアムズ イーサン・ホーク 1959年、バーモントにある全寮制の名門進学校にやって来た新任の英語教師。破天荒な授業を通して、詩の美しさ…

『イージー・ライダー』(1969) -86

デニス・ホッパーマリファナ密売で儲けた大金をタンクに隠し、真のアメリカを求めてオートバイで放浪の旅に出る二人のヒッピーを描いたアメリカン・ニュー・シネマの代名詞的作品。元々は馬をバイクに乗り換えた現代の西部劇を目指して創られた作品だが、そ…

『イングリッシュ・ペイシェント』(1996)第69回アカデミー作品賞-85

ジュリエット・ビノシュ(ハナ)ウィレム・デフォー(カラヴァッジョ))広大な砂漠の景色へと変わっていきます。その絵は砂紋でもあり女体でもあるこんな入り方する映画は粋で見る気が起きます。北アフリカの砂漠に戦争にラクダを見ますと『アラビアのロレンス…

『怒りの葡萄』(1940) -84

制作:ダリル・F・ザナックジェーン・ダーウェル(トムの母)叔父の家で家族と再会した彼は、みなで遥かカリフォルニアに行き、職を求める。そして、桃もぎで雇われた農場で賃金カットに反対したストが起き、首謀者ケイシーを殺した男をトムは殴り殺してし…

『インビクタス/負けざる者たち』(2009) -83

マット・デイモン(フランソワ・ピナール)あ!‘負けざる者たち’ねタイトル通り感動できることを共有することで人間って単純に動かされたりするもんですこの映画は後半のラグビーW杯の盛り上げ方が抜群で泣ける! 低空でジェット機がスタジアム通過するシー…

『イングロリアス・バスターズ』(2009) -82

クリストフ・ヴァルツ(ハンス・ランダ大佐)ダイアン・クルーガー(ハマーシュマルク)ブラッド・ピット率いる‘ナチス・ハンター’と‘ユダヤ・ハンター’と呼ばれる男ハンス・ランダ大佐とのやとりとりを通してヒトラー総統のナチスを皆殺しにし瞬時に第二次大…

『インドへの道』(1984)-81

ヴィクター・バナルジー(アジズ医師)アレック・ギネス 最後となる映画で見せてくれるのはヒマヤラだった『インドへの道』これは、インドまで行く道程ではなくイギリス人がインドを理解するまでの道のり 深いタイトルです音楽と映像美は相変わらず素晴らしい…

『イースター・パレード』(1948)-80

ジュディ・ガーランド (ハンナ) アン・ミラー(ナディーン) 【キネマ旬報「オールタイムベスト・ベスト100」】名作100本見たのか俺?選出歩行者天国になった車道を帽子で着飾った人たちがウサギ抱いて歩くだけです映画では1912年と1913年の様子ですが、100…

『依頼人』(1994) -79

トミー・リー・ジョーンズ 発掘良品は本当に良品なのか?2008年に衝撃的な死でこの世を去った俳優ですね 享年25歳。インパクトのある始まり方をする マークと弟は母親からかすめ取ったタバコを吸いに近所の林に行くのですが、そこで排気ガス自殺しようとし…

『E.T.』(1982)※E.T. 20周年アニバーサリー特別版 -78

チャリンコ浮かぶと涙も浮かぶ名作

『インセプション』(2010)-77

夢植え付け職人たちとは?

『イル・ポスティーノ』(1994)-76

ナポリの小島に浮かぶメタファー

『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007)-75

青年は荒野に何を見たか

『インソムニア』(2002)-74

不眠症刑事アル・パチーノ

『インサイド・マン』(2006)-73

爽クールな完全犯罪

『1941(いちきゅうよんいち)』(1979)-72

大日本帝国ハリウッドを爆撃する!

『インベージョン』(2007)-71

人類はポプラの森になるとき平和が訪れる

『息もできない』(2008)-70

韓国映画の底力を見せつける渾身の一本

『いつか晴れた日に』(1995)-69

誠実な男と誠実そうな男に翻弄される姉妹

『一命』(2011)-68

ハイリスク死ぬ死ぬ詐欺