PONYの缶詰

映画・小説・旅行・カメラ・グルメ・日常のざれごとを面白く書く

『ライトスタッフ』(1983)-897











バーバラ・ハーシー(グレニス・イエーガー)











「空に取りつかれた7人の侍」である。


俺達は旅客機で空を飛ぶだけじゃ物足りないぜぃ!

第二次大戦が終わったアメリカ 音速の壁を破るのじゃ~と空のスピード狂たちは
マッハ1に挑戦している。それまで音速の壁は鉄板みたく固と恐れられてきた
イエーガーと言うパイロットがそれを破り挑戦はマッハ2.3とエスカレートしていた。

そこへアポロ計画の前身である「NASAのマーキュリー計画(宇宙に人間を送り出す国家プロジェクト)」が発足する。空男たちは宇宙飛行士として7名の精鋭が選ばれる。

中でも一番おいしい役どころをエド・ハリスが決めます。ソ連のガガーリンに先を越されて焦る
NASAと死の危険を知る飛行士たちとの温度差がリアルに描かれる。

映像&音質の迫力満点でホームシアターのポテンシャル存分に引き出せる映画となっています。

宇宙に夢を馳せた7人の男 空へ空へ!は「ライト兄弟」から「ライトスタッフ」へ引き継がれる。


これに心踊らない奴は男じゃない!女子は彼らを見守る妻たちに共感してほしい。


ナイス宇宙もの