PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『私を野球につれてって』(1949) -949









ジーン・ケリー(エディー・オブライアン)







架空のプロ野球チーム、ウルウズの選手であるエディー・オブライアン(ジーン・ケリー)とデニス・ライアン(フランク・シナトラ)の2人が主役。2人はシーズンオフの間は舞台芸人でもある。 チームに新しいオーナーが来ることになり、それが女性(K.C.ヒギンズ(エスター・ウィリアムズ))であることが判明すると悩みの種も増える。 そのうち、デニスは彼女に惹かれるが、同時にエディも彼女に惹かれる・。



シナトラ&ジーン・ケリーのコンビと水泳で有名なエスター・ウィリアムズが出ています。

そこ抜けに陽気で楽しいこの時代のMGM映画はやっぱいいな~
歌ではシナトラ、ダンスは格段にジーン・ケリーがうまいしとにかく面白い

ふたりはプロ野球選手なんですがオフには舞台芸人なんです(なんでやねん!)チームに美人の
オーナーがやってきまして恋したり騒動あり~のチームは優勝に向けて進む。舞台芸人と野球選手の
両立は果たして出来るのか・・

しゃべってたかと思うと突然歌って踊り出す定番のスタイル(笑)野球の公式戦中だろうが
どこだろうが歌って踊り出します♪どんだけ明るいねん君たち

タイトルの歌はアメリカの野球場では有名で誰でも知ってるそうです。