PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『イースター・パレード』(1948)-80










ジュディ・ガーランド (ハンナ)
アン・ミラー(ナディーン)








【キネマ旬報「オールタイムベスト・ベスト100」】名作100本見たのか俺?選出




歩行者天国になった車道を帽子で着飾った人たちがウサギ抱いて歩くだけです
映画では1912年と1913年の様子ですが、100年後の今年でも同じ光景で開催されていました

そんなイースターに絡めたMGMお得意のミュージカル。そう完璧にねミュージカル!
内容はいたってシンプル 田舎者のダンサーが出世してくと言うタイプね
ま~内容は『スタア誕生』の方が10倍は優れてる

見どころは主演のジュディ・ガーランドこの人はもう2歳からの舞台で子役からの
スターだしね置いといてですね~ 予定されてたジーン・ケリーが直前に骨折し
急きょ主役に決まった名優フレッド・アステアが魅せる。スローモーションは1948年映画では
新鮮でしたねー

そしてこちらもシド・チャリシーのケガで代役の座を射止めたアン・ミラーが熱演のダンス
B級映画のダンサーだった彼女には夢のようなチャンスを見事に生かしています。

もうひとりピーター・ローフォードを見ることが出来ます。この人は役者としてよりも
なんで有名かと言いますと マリリンモンロー通なら必ず耳にする名前ですよね
シナトラ一家の幹部でありJFKの妹の婿であり モンローやジュディ・ガーランドここらの
スキャンダラスな出来ごとにことごとくかかわる人物です。

あらすじよりも純粋にミュージカルとして楽しめる映画。
ラストのハイライトに地味なピエロのダンスを持ってきたのは粋ですね

あまりに脚本が単純なのでシドニー・シェルダンにより加筆されたラストの展開となって
完成しました。