PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

古代史~封印された謎を解く  関裕二



奈良にはまりまくり独学で古代史研究書を書き上げる人。関裕二
とても興味深くて面白い本です。

どこまでいっても古代史なんてのは、未だに邪馬台国はどこにあったん?
なんもわからんのです。99.9%が謎に満ちているからこんな本も書けるのだ。

かといって荒唐無稽なことを書いてあるわけではなく、ほぉ~そういわれて見れば
そうかもしれん。と妙に納得させる。

この本にもあるんだけど、古代史って登場人物が少なすぎる。
聖徳太子より前で、生きてる人間として登場するのは、卑弥呼だけ