PONYの缶詰

野鳥撮影・風景写真・鉄道写真

ふる里を持たないけどこの町が今ふるさとなのかもしれない

 

大手商社に勤めていた父親。そのせいで一家は半年ごとに転勤

大阪、京都、東京と何度転校したのか数えることもできない。

さすがに上海転勤にはついていけず。

なので「ふるさと」と言うものはない(さとふるではい)

 

18歳の時に親元を離れ京都~奈良で暮らしたあと流れついた伊賀上野

もう15年もここに住んでいる。

f:id:pony3:20211015153547j:plain

f:id:pony3:20211015153708j:plain

たぶんこの小さなお城の町に骨をうずめるんだろうな

f:id:pony3:20211015153759j:plain

僕がこの町に来た時の名前は、「上野市」だった。その後今の「伊賀市」となったが

「伊賀上野」と呼ばれることが多い。

f:id:pony3:20211015153617j:plain

f:id:pony3:20211015153645j:plain

レトロな建物もまだ残る

f:id:pony3:20211015153736j:plain

f:id:pony3:20211015153825j:plain

各地をさまよう人間には、土地に対する「愛着」が薄く、人間関係も希薄なのが

わずらわしくなく好みだ。

f:id:pony3:20211015153932j:plain

f:id:pony3:20211015154452j:plain

f:id:pony3:20211015154516j:plain

そんな自分であっても15年と言う歳月は、土地への愛着心を育てるんだね

いつしか伊賀の町を誇れるようになっている。

 

遠い昔ね、「五つの赤い風船」てフォークグループがあった

そのリーダー西岡たかしが「うえの町」と言う歌を残している

1975年発売のシングルだが、46年後の今も歌詞の情景はほとんど変わっていない

 

これがもしかして・・・ふるさとなのかもしれない

www.youtube.com


www.youtube.com