PONYの缶詰

野鳥撮影・風景写真・鉄道写真

🦜野鳥の回【169】躍動感あるショット(トビ)とスーパー解像度

どうもぉー!任侠野鳥の会PONYです。

今日は早朝からヤマセミ狙いで出撃したが、一度も姿を見ることが叶わず。

ならばと趣向を変えて真剣にトビを撮影してみた。

f:id:pony3:20210509170213j:plain

スーパー解像度適用

上の写真は、Photoshopの新機能「スーパー解像度」で2400万画素を9600万画素に

それをリサイズしたものです。近くこの機能がライトルームにも適用されるそうです。

もう高画素機はいらない時代か!?

f:id:pony3:20210509171203j:plain

 

躍動感ある飛翔シーンは水絡みが一番

f:id:pony3:20210509170513j:plain

 

ではここから連続カットです

f:id:pony3:20210509170638j:plain

f:id:pony3:20210509170702j:plain

f:id:pony3:20210509170727j:plain

f:id:pony3:20210509170747j:plain

f:id:pony3:20210509170805j:plain

f:id:pony3:20210509170821j:plain

f:id:pony3:20210509170924j:plain

 

おまけのカルガモも

f:id:pony3:20210509171016j:plain

 

α7Ⅲで取り逃がすことが多かったこのようなシーンもα9だとしっかり撮れた。

α7RⅣかα9か迷ったけどやはり野鳥撮影ならα9が強い味方だ。