PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『MARILYN'S MAN』~マリリン・モンローの真実~(2004)-804










ジェイムズ・ドアティ










知りたくなり少しは華やかなハリウッドに散ったいきさつにふれるものです

映画が始まって数分すると あれ?変だなと気づく
僕が持ってる「マリリン・モンローの真実」と言う本と同じ副題なのですが
実はこれ本題『MARILYN'S MAN』マリリンズ・マン・・・マリリンの男
それでもまだあ~ま~いいやディマジオやアーサー・ミラーにまつわる話が聞けるだろと・・

だが!しかしマリリンズ・マンとは最初の夫ジェイムズ・ドアティ通称ジムね
このじじいが主役だった・・

ちなみにマリリンがジムと結婚したのは16歳であり離婚したのが4年後
ノーマ・ジーンがマリリン・モンローとしてハリウッドに入ったのが離婚の翌年だ
夫のジムは一般人であり離婚後マリリン・モンローとなった元嫁と会話したのは
わずか2度だけである。 つまり彼が語れるモンローはノーマ・ジーンでしかない

構成はこんな感じ ジムのインタビューの合間にマリリンの写真がパラパラ
マリリン語録、出演映画のシーンがパラパラ、ケネディ大統領誕生パーティでの
例のパッピィーバースディ映像、適当に選んだBGMが流れます。


単に最初の夫ジムが知るノーマ・ジーン思いで話と自身の自慢に終始する
途中でマリリングッズオタクなんて人も出てきますが、こちらも一切そのグッズなど
映らない。

もちろんディマジオやアーサー・ミラーも死んでるし生で語れるのはジムだけとは言え
このビデオはひどすぎるぜぃ! 大体こうゆうスターのドキュメンタリー見るファンは
そこそこ知っていて何か新しい「マリリン・モンローの真実」を知りたいから見るものですよね

このビデオではそれは皆無である。同時にマリリン入門用としても全体の流れ語られず
見る価値はない

ま~文句だらけですが、そんなモンローの最初の夫ジェイムズ・ドアティも
このビデオが出た翌年の2005年8.15にこの世を去っています。