PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『ファインディング・ニモ 』(2003) -746


製作:ディズニー&ピクサー/2003年アメリ


オーストラリア、グレートバリアリーフ。広大な海の中でカクレクマノミの400個の卵が孵化しようとしていた。しかし、無事に生まれたのは母親の命と引き換えに助かったたった1つだけ。父マーリンは、この子を“ニモ”と名付け、同じ悲劇を繰り返さないと誓い過保護なまでに大事に育てていく。そして6歳になったニモに、初めて学校へ行く日がやって来る。しかし、突然の悲劇がニモを襲う。彼は、人間のダイバーにさらわれてしまったのだ。打ちひしがれるマーリンだったが、陽気なナンヨウハギ、ドリーの助けを借りてニモを取り戻す旅へと出るのだった。

ピクサースタジオのゲート。



♠巷では『カールじいさんの空飛ぶ家』で繁盛してるピクサー

『WALL・E/ウォーリー』のBDが綺麗だったのが忘れられず

アニメ嫌いで敬遠してたこのシリーズですが一本見ようと『ファインディング・ニモ 』

DVDですが綺麗な映像です。ただしブルーレイの『ウォーリー』を先に見てるので

驚きは少し落ちる。


泣ける場面こそないが全編にわたりピクサーワールド全開で海を堪能

もちろんパッピーエンドは見る前から約束のデズニー安心して見れる100分


音質には英語は:ドルビーデジタル/6.1chサラウンドEXですが

日本語吹き替えのみに格上の:DTS/6.1chDTS-ESが用意されてるので

DVDをお持ちであれば聞き比べてみると違いがわかるでしょう

鉄腕アトム時代の僕です。この映画そうですねー息抜きにはよかったかも