PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『フィラデルフィア』(1993)-745

監督: ジョナサン・デミ /出演: トム・ハンクス /デンゼル・ワシントン



「羊たちの沈黙」のJ・デミが可能な限り誠実にまとめたヒューマン・ストーリー。エリート弁護士のアンドリューはある日エイズに感染していることを告げられる。それを知った弁護士事務所は彼を解雇。アンドリューはこれをエイズ差別による不当解雇として訴訟に踏み切ろうとする。しかし誰も弁護人を引き受けてくれず、彼はかつてのライバルだった黒人のミラーの元に向かったのだったが……。T・ハンクスの鬼気迫る熱演が光る(アカデミー主演男優賞受賞)。B・スプリングスティーンの主題歌もオスカーを受賞。

兄弟愛を意味するフィラデルフィアはゲイの多い都市でもある



❤エイズ問題はいつごろからだろう

日本で最初の患者は1985年ですから1993年この映画はその問題に真っ向から

偏見による裁判を通して描く。最近の映画『ミルク』ではゲイの解放だったが

こちらはよりエイズとゲイについて二つをゲイである罰がエイズであると訴える


有能な弁護士であるトム・ハンクスはゲイでありエイズに感染する

解雇された理由はエイズによる偏見だと不当解雇で訴えるんだが


中盤からは病状が進み弁護するデンゼル・ワシントンが映画をリードします

ほとんど法廷でのやりとりが主ですがトム・ハンクスのまわりにいる家族や友人が

暖かく支える姿とエイズに対してストーレートに反感の言葉をぶつける周囲


トム・ハンクス /デンゼル・ワシントン迫真の演技が光る