PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(2010)-652










ピアース・ブロスナン(ブルナー先生/ケイロン)











なんだこれ?「バンジージャンプとトランポリンの神々」?違うのか
無視してきたんですが、方々のレビューでわりと面白かったと言うので見て見ました。

川の中からガバァ~~!!と出て来ますデカッ!こいつ中世の戦士みたいだが
ここは現代だ。掴みからなんかいいぞこれ

ベースあくまで今のアメリカ、主人公も今の少年たちなのが斬新です
ギリシャ神話の世界行ってても感覚はあくまで現代なのね

ハーフの少年、なんの? 神と人間のハーフです まさにニューハーフ(笑)
神もHするんだな人間の女とね

少年が稲津盗んだとインネンつけて神々が怒るので「どげんかせんといかん!」と
3つの真珠探しからねドラクエかよ~~ 3つ見つけて何故か有名なHOLLYWOODのあの看板の横の穴から
地獄へいくわけね~ ゼウスはじめとする神はやっぱ悪人じゃないんだにゃ~

誰よ悪いのは?あいつだ!ハーフ訓練所にいた小僧か!


これね期待ぜずに見るとかなり面白いです。ユマ・サーマンまたあんな役やってるし(笑)
スケールもでかいですしCGも本格派、なにより今の世界と神話の世界これを「ハーフ訓練所」が
うまく繋いでいました。