PONYの缶詰

映画・小説・旅行・カメラ・グルメ・日常のざれごとを面白く書く

『ナイル殺人事件』(1978) -583










ベティ・デイヴィス
オリヴィア・ハッセー
デヴィッド・ニーヴン









莫大な遺産を相続したリネット・リッジウェイは、親友ジャクリーンの婚約者と突然婚約をし、人目を避けてエジプトへハネムーンに旅立った。しかし豪華客船カルナーク号には、彼女に何らかの利害関係や遺恨、ないし敵意を抱いている者たちが勢揃いしていた……。




こちらで世界遺産を満喫出来るのが『ナイル殺人事件』。

今回も豪華俳優陣でして 大御所にはベティ・デイヴィス、でもあまりにもう年齢が・・
『イヴの総て』からでも30年近く経ってるんだね~

あとは・・逆にまだウイウイしいいオリヴィア・ハッセーとか、どうみても犯人づらのジョージ・ケネディがここにも登場~先日見た『シャレード』では片手が鍵手の男ね(笑)

前半はエジプトのピラミッド中心に登場人物がミア・ファローに殺意を抱く動機を意識付けます
とても景色とマッチしていて素晴らしい展開。

そして後半は観光船内での殺人事件~解明までです。同じ密室での殺人事件ながら
オリエントと違い船の右舷左舷をうまく使いながら背景に流れるナイル川が解放感♪

事件そのものはオリエントの方が複雑で面白い、ですが全体通して映画としては
断然『ナイル殺人事件』が映画らしく仕上がって高得点です。