PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

最高の人生の見つけ方 -332






全く違う人生を歩んできたふたりジャックニコルソンとモーガンフリーマンでも等しく「死」はやってきます。 こんな例えはへんですが紅白出場歌手は大みそか前にヒットしたほうが選考者にいい印象あたえるように人生も死の手前数か月に幸せであれば満足した人生と呼べるのかもしれませんふたりして世界の有名な観光地へと出向くわけですがどんだけロケに金使うねん!てくらいでしたねーニコルソンにすれば何度も来た場所もモーガンには夢の世界だったに違いなく  とても印象的だったシーンは旅からもどったニコルソンがひとり自宅でなくなったコピルピアの前でプラスティック入った食べ物を潰すシーンでした





この映画はいろんなものを教えてくれます満点ではないけど 見る価値は十分にあると思います