PONYの缶詰

映画・小説・旅行・カメラ・グルメ・日常のざれごとを面白く書く

『ゴッドファーザー』(1972)第45回アカデミー作品賞-302

監督: フランシス・フォード・コッポラ





登場人物

マーロン・ブランド / ドン・ヴィト・コルレオーネ

アル・パチーノ / マイケル・“マイク”・コルレオーネ

ジェームズ・カーン / サンティノ・“ソニー”・コルレオーネ

ジョン・カザール / フレデリコ・“フレド”・コルレオーネ

タリア・シャイア /コンスタンツァ・“コニー”・コルレオーネ・リッジ

ロバート・デュヴァル - トム・ヘイゲン


❤デジタル・リストア版のBlu-rayで観賞しました。


ストーリーを語るのは今さらジローでしょうがこれだけ印象深い映画でも人間の記憶なんて

曖昧なもので半分以上忘れており新鮮に見れた。このBlu-rayは値打ちもので映像の深みは

さらに盛り上がりました。


音楽&背景&あらすじがこれほどマッチした映画はめったにない

無駄なシーンが一切なくファミリーのドンだけでなく長男のソニー、次男のフレド、そして2代目となってゆくマイク 相談役のトムすべてが映画を構成していながらも初代『ゴッドファーザー』を見ながら
成長していく次期『ゴッドファーザー』のアル・パチーノその変化が実にリアル


馬の首、魚、コルレーオネ村でアル・パチーノの新妻爆死こうした有名シーンだけに
頼らず全編に漂うイタリアマフィァが醸し出す結束、家族愛、アメリカへの挑戦と同化


最初の結婚式からラストシーンまで最強のギャング映画でしたね