PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『オリエント急行殺人事件』(1974) -146












ジャクリーン・ビセット(エレナ・アンドレニイ伯爵夫人)
ローレン・バコール (ハリエット・ベリンダ・ハバード夫人)
ショーン・コネリー(アーバスノット大佐)









アガサ・クリスティ「エルキュール・ポアロ」

映画界の大スターと舞台の大スターが顔を揃えるオールスター映画です。
『サイコ』のアンソニー・パーキンスここでも不気味だ。ローレン・バコール 、イングリッド・バーグマン、ジャクリーン・ビセット女優陣もすごい顔ぶれ

5年前に起きた少女誘拐殺人がチラリ描かれます。(これは一旦おいといて)

トルコのイスタンブール発オリエント急行に乗り込むポワロ 季節はずれなのに客室は
12人の乗客で満員(ココ重要)そしてフランスへ向かう列車内で一人の乗客が殺される(12か所も刺されて(ココさらに重要))(笑)

犯人は列車内にいる誰か、そして動機はなにか? 名探偵ポワロの推理が冴えまくる

そして台本8ページにもなる長セリフで事件の謎を説明するポワロ 冒頭に出てきた5年前の事件が
大きなカギを握っていた。しかも予想もしなかった犯人が浮かびあがる!えええええ!!

ハラハラするサスペンスではなく映画が優雅に見えるのは舞台がORIENT EXPRESSでありバックの
音楽の影響もあるんでしょうねー

一番地味な乳母役を選んだイングリッド・バーグマンが見事に助演女優賞を受賞。

ラストシーンで全員とグラスで乾杯していく場面が小粋な演出でしたね♪