PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

ハンバーグとは。『ぶどう亭』



くいだおれ大阪。梅田界隈で生き残るにはシビアな客の舌を満足させる必要がある。
特にハンバーグステーキは、味の差が少なく人気店でも気を抜けません。
今回は、梅田ハンバーグ戦争の雄「ぶどう亭」へ潜入。




場所は大阪第三ビル地下2F。時間は午前10時20分。開店時間40分前
先客は3人です。このあと30人まで増えまくる。


一番人気は、910円のAセット。1,000円切る値段と、ハンバーグ、コロッケ、エビフライ、洋食三種の神器が揃う。


選択したのは、1010円のこちら。


カウンター席&テーブル席合計20席ほどの小さなスペースは、開店と同時に
満席、外には次のクール待ちの行列。女性の後ろ姿は・・いいなぁ~でも
ふりむかないで~


この時間が好きさ。ふくらむ期待感がいい


キタァ!王道中の王道盛り付け~♪エビフライトライアングル!エビの尾を頂点とした三角形を形成するのが基本。 拡大してみよう


下にはもやしとキャベツのソテーみたいなのが敷いてあります。
いざ実食! ハンバーグ!せつないくらいにうまい!デミグラスソースも
うまいんだが、最前面にでようとしない味で、ハンバーグ本体の味との絶妙すぎる
バランスがしびれますね~

そのハンバーグが、あまりにうまい為にエビフライが一歩落ちるのが気になる。
完全にこの店は、ハンバーグの店である。

若い店員のキビキビした接客態度も大変好感が持てる。有名店には理由がある