PONYの缶詰

野鳥撮影・風景写真・鉄道写真

永遠てどれくらいだろう。

恋人と一夜を過ごすラブホテル。この瞬間が、永遠に続けばいいのになぁ~
しかし特に男は、事が終わるや否や「あ~とりあえずホテル代もあるし早く家帰って
ブログ書きてぇ~な」。その場合の永遠は2時間程度だろうか。


人は生を手に入れると同時に、死も手に入れる。
生まれた瞬間は、生=99%・死=1%だろうが、やがて10歳くらいになると
生=90%・死=10%とかに変化していき、生=0%・死100%で人生は終わる。

今現在の自分は、生=20パーセント・死80パーセントあたりだろうか。
8割がた、お前はもう死んでいるだ!但し残りの20%も、必ずしも万全の健康体で
ある保証はどこにもない。歩けなくなる、食べれなくなる、身体の拘縮が始まる
認知症発症。その時点で、死の80%に追加加算されてしまう。

永遠なんてものは、初めから存在しない。あるとしたら自分の中で、過去を振り返り
あ~あの時の3年間は自分にとっての永遠だった、冒頭に書いたあの2時間こそ永遠だったと時間を区切るしかない。

2018年12月、きっと今が、自分にはその区切られた永遠の、真っ最中の気がする。
頑張って働いて、頑張って遊ぼう♪永遠が終わってしまう前に・・・。

↑へんなこと書くよね俺