PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

俺たちの旅

③『加賀屋』海が見える食事は、晴れてなんぼ

行き届いた接客が、料理をおいしくさせる 今回泊った部屋は、『能登客陣』8階の貴賓室。旅館の部屋はどこも大差ない 特に古い旅館は、トイレと内風呂がネックになる。ココも例外でなかった そもそも温泉宿に内風呂などいるのか?入らないしいらないと思う。…

②和倉温泉と言えば『加賀屋』なのはなんでか?その魅力について

バブル黄金時代を生かした作りが令和でも通用する 年齢を重ねるごとに旅行でのスタイルも変わり、もっぱら『離れ』や『別邸』など 自分たちだけの世界に浸れる宿を求めるようになって加賀屋のようなマンモス旅館は あえて敬遠してきた。 団体客がいて騒々し…

①花嫁のれん号で和倉温泉~電車は楽し🚉

近鉄ビスタカーで京都どすえ 楽しみにしてた能登半島の旅が始まりました。出発! 名張駅に京都ゆき特急入線 今回は禁煙席で苦しいんですが、ビスタカーに乗りたくてあえて禁煙 二階建てのハイデッカー車です。 着座位置が高くて見晴らしがいいのだ 京都へつ…

近鉄王国三重県でJRネット予約e5489する

受け取り場所は伊賀上野駅しかない! 妻のいないつかの間の休日、やりたいことが沢山あって考えていたら 寝てしまっていた。花の写真でも撮りに行こう全然花なんて興味ないけど お題:菜の花畑で愛犬の写真を撮るヤツラを取る俺 お題:車の窓から眺める桜。 …

令和2年6月30日隠棲!その前に叶える夢の数だけ

休日のトイレで夢をカタチに 休日は妄想の時間、我が家は小汚いアパート暮らし。もちろんトイレも 美しくはないので色んな夢を壁隠しに張り付けている。 トイレに座った正面の二枚のチラシ。毎日これを見ながら念力をかけていた。 そして叶った宮古島。右の…

ハンセン病の向こう側 今まで人間じゃなかった・・

もう一つの顔、宮古島 旅行者にとっての宮古島は、ひたすら青い海と青い空の楽園。 自分もただの観光客に過ぎない。だけど出来るだけ観光ルートではない 場所にも積極的に足を踏み入れて見ることでもうひとつの宮古島を知ることが出来る。 ぱっと見、海辺に…

⑨【メシ編】最終日は島唄ライブ居酒屋/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

居酒屋郷家で最後の夜 酒は飲めなくても沖縄料理が苦手でもこんな所にはいっておきたかったのよね 19:30~のライブ前はまだ空いていましたが、すぐに一杯になった。 島の刺身盛り合わせ、たこのから揚げ、ニンニク風味から揚げからいきます。 ラー油で食べ…

⑧【メシ編】朝食もエセセレブ/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

俺たちだけのためのレストラン至福のとき 部屋を出て30歩ほど敷地を歩くとあるレストラン いいね~この演出 涙そうそうの歌詞だね 銀鱈の西京焼きは、絶妙な味付けで美味! しかし沖縄料理が苦手な俺・・ 他の食べれるかな・・食べてみた。ゴーヤ胡麻和え・…

⑥【観光編】記憶に残る景色たち/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

平凡な景色はどこにもない場所だった 宮古島の全体像とはこんな風になっています。 NO1ビーチ前浜は、天国にいるように美しかった 明石海峡大橋もこの景色には脱帽だな。伊良部大橋 東と西では全く異なる風景を持つ 岬 西平安名崎 牧歌的とはこうゆう景色の…

⑤【観光編】ハート岩/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

砂山ビーチでがっかりしたらココへ行け! 「純と愛」朝ドラで有名になったハート岩は、池間島にあります。 滞在してるアイランドテラスニーラからはすぐそこでした。 どんなんやねん!はいこんなんです。 ビーチにある岩の穴がハート型してるのね。ええ感じ…

④【観光編】砂山ビーチ/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

なんてことだ・・名所ががっかりポイントになっていた件 本島中心部から近い砂山ビーチに行って見よう 立派な看板が期待を煽ります。字のごとく数メートルある砂山をせっせと登ります 道が狭くて前から人が来るとすれ違うのに苦労します。 各ビーチには、危…

③【観光編】ベイクルーズ/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

観光船に乗ってみた。ベイクルーズ宮古島モンブラン 結構船ってのが好きで旅行に行くと大抵観光船に乗って見るのだ。 今回も空港からレンタカーで平良港へ直行。 伊良部大橋が出来るまでは、本土との連絡船に使われていた船が、橋の開通で御用済みとなりまし…

②アイランドテラスニーラ/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

陽光・海風・静寂だけの至福の宿 ニライカナイと言う言葉がある。海の彼方には神々が住む楽園があってね その場所の名前が「ニライカナイ」または、「ニーラ」 ガイドブックにはほんの小さな記事が紹介されているだけですが、本当のエセセレブは ここに滞在…

① 旅立ち/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

空蒼く、海蒼くいざ楽園へ 夜明け前、いよいよ自宅をマイカーで出発!一路関空へ爆走するのだ。 関空に到着~したのね いよいよ空の旅が始まります。機内は満席です。さすがに人気の宮古島だけある 窓から覗くと飛行場でも色んな人間が様々な仕事をてきぱき…

🏖興奮のるつぼ宮古島前夜の俺

飛び散る眼球、舞い散る万札 今回の宮古島旅行は、半年も前から予約していた。明日いくでー関空に~ どんなとこかな~?青いかな海。せや!潜って海んなか見たろー やる気満々やん!俺。ってもう俺ってクソじじいやのに海なんか入れるんか? 波乗り辞めてか…

近づく7連休。そして宮古島🏝へ

いよいよです!28日から夢の7連休㊗なのだ! そして行くでぇー 空と海の偶像、宮古島へ 行先は池間島という所 宮古島の北にある離島、池間島。とても小さな島みたいです。 ここに素敵な5室のみのホテルがあると聞いて行って来ます。 出発は30日、もう仕事な…

女人高野とは?室生寺をゆく

3.5快晴きっとそこにはなまめかしいオンナがウヨウヨいるはずだ。M字開脚でインリンが出迎えてくれるのかな~室生寺参道へ続く、太鼓橋へ到着この橋の向こうに待つインリン。こ・・・これが女人高野か~アレの前には手を清めるのだインリンいねーし静寂だし…

試算してみた東京。旅欲の果て

東京へ行きたくなった目的は、ただひとつ歌舞伎町を見てみたい!初めはその一点だった。だが人間てのは欲望の生物なのさ・・・頭に描くコースを試算してみる。金はいくらかかるんだろう?新幹線は、京都でなく名古屋から乗ることにする。名古屋まではバスで1…

三保の松原・日本平ホテル

新日本三景とは、北海道のポロトー、大分県中津市の耶馬渓、そして訪れた静岡の“三保の松原”このようなイメージを頭に東へ車を走らせる。西の人間には、新鮮な富士の文字。ついたでぇ~名勝 三保の松原あれ? 三保松原。“の”はいらんのね。松のカタチがすげ…

どうもm(__)mもとずきんちゃんです。

こんばんは♪地面師のカミンスカスカス・ポニーです。いえ今夜は、マンホールじゃなくてね、もとずきんです←なんやそれ赤ずきんじゃね~よさすが世界のワンダーランド神戸じゃ!もとずきん・・・て。なら、ぽにずきんでもええやん。そっかぁ~蹴られてるのか …

②神戸おこもり旅~夜景編~

こもってばかりもあれなので、夜のとばりが降りるころ外へ出てみよう。ホテルから中庭を一歩踏み出した場所。中庭を抜けるとハーバーランドに出る。冬の神戸は空気が澄んでいて美しい。左からノートルダム神戸、ポートタワーホテルオークラ神戸、海洋博物館…

①神戸おこもり旅~ホテル編~

毎年クリスマスは、神戸で過ごすねん。僕らの旅は基本おこもり旅♪あまり出かけないのだ。ほとんどをホテルの中で景色みたり、本読んだりする車を飛ばして到着♪ 2018.12.19~21ここもついに中国人が、来るようになっていた。小さな子供連れまでいたのには少し…

神戸でお姫様になれる『ホテル ラ・スイート神戸ハーバーランド』

旅行先で、最も良く行く場所は、神戸。大好きな街である。そこに、このホテルがあるから行く。20泊くらいはしているかもです。全室が、申し分ないスィートルームですが、今回はその中でも未だ手が出なかった頂点の部屋に宿泊した様子を少しだけ。最上階1102…

そうだ京都へ行こう。真・紅葉『東福寺』 2018.11.26

せや!京都へいきまひょ古都京都の紅葉シーズンは、桜の季節よりも短い。ベストな時期は11月25日~12月2日までの7日間。さらに天気が、晴れであることが重要です。曇りや雨の日は紅葉が映えません。 今日は26日、天候は快晴ではなかったけど晴れ。毎年紅葉は…

JAPANー日本の情景ー『なばなの里』2018  その2

メイン会場。 JAPANー日本の情景ー富士山の形がな・・・見る場所によってスケール感が、異なります。全く初めて見た見た人はかなりの確率で圧倒されます。帰路のトンネル、ラベンダー。色々変色します。2018年版の感想:若い人には昨年のくまもんの方が…

JAPANー日本の情景ー『なばなの里』2018  その1

さてさて今年もこの季節です。行ってきましたよー 11.21 なばなの里は、昼の顔と夜の顔が全く異なるのです。では昼夜交互に行ってみよう。その前にここの入場料は、2300円。だがこの中に1000円のクーポン券が付いています。場内の飲食店などで使える。駐車料…

電車でGO! 『京都鉄道博物館』

新幹線と東寺 京都鉄道博物館スカイテラスからここへは是非とも電車で来たい。起点は京都駅~市バスですぐの一番にゲストを出迎えるのが懐かしいこいつさらにこいつ 今ではサンダーバードって洒落てるけどね元はこれこんなんばかりだと子供たちはなにこれ?…

山陰 三朝温泉 橋津屋 別邸 月代

一休によると・・https://www.ikyu.com/00001837/石州瓦が葺かれた瀟洒な佇まいの離れ「橋津屋 別邸 月代」。1日2組様だけのお部屋には専用露天風呂と内湯を備え、ゆったりとした天井高のリビングは、至高の時間をお約束いたします。また、離れ湯、本館内湯…

京都宇治『平等院』

新しくなった平等院鳳凰は、藤原鎌足から脈々と続いてきた,まさに藤原氏我が世の春を,再現した鮮やかな色彩を放ちとてもいい写真が撮れる。この日も快晴でカメラおやじたちはこれでもか、と撮りまくっていた。数十人単位に分かれて鳳凰堂内部(真ん中のと…

青の交響曲(シンフォニー)で行く『吉野千本桜』

♪桜舞い散る~なんちゃらぁ~ て!もう11月やんけ!てなわけで今回は僕が、観光列車なるものに初めて興味をそそられた青の交響曲(シンフォニー)/www.kintetsu.co.jp/senden/blue_symphony/ これに乗りたくて来たのさ、吉野千本桜にね♪完璧に桜満開のはずし…