PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

2019-03-16から1日間の記事一覧

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』(2010)-652

ピアース・ブロスナン(ブルナー先生/ケイロン)なんだこれ?「バンジージャンプとトランポリンの神々」?違うのか無視してきたんですが、方々のレビューでわりと面白かったと言うので見て見ました。川の中からガバァ~~!!と出て来ますデカッ!こいつ中世の…

『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』(2007)-651

キーリー・ホーズ(ジェーン)普段疎遠な親戚や兄弟が、この時だけ顔を見せたりしますと良からぬ騒動が起きる元です葬儀屋は棺の中身を間違える。幻覚剤でイッていまった男は全裸屋根の上ニヤけた男は女に迫る。手の湿疹をやたら気にする男。司祭は3時に帰る…

『バベル』(2006)-650

ケイト・ブランシェット (スーザン)役所広司(ヤスジロー)バベルの塔そのころの彼女(当然愛人ね)が好きで初めは「絶対そんな辛気臭いもんするか」やって見るとたちまち虜になったものです。その時に2000ピースで作った絵が『バベルの塔』でした。ですか…

『ハート・ロッカー』(2008)第82回アカデミー作品賞 -649

アンソニー・マッキー (サンポーン軍曹) どうやら本マグロの獲れたてがあるらしく「大トロから握りますか?」僕は小声でつぶやく「は~ぁ・・またトロかぁ~~」あ!そうだ今夜は「ハート・ロッカー」心臓がロック!されるような映画 米軍の隠語で「棺桶」…

『virtual trip 美しい惑星 The Beautiful Planet』(2010) -648

タヒチ:タヒチ島、モーレア島、フアヒネ島 自然のドキュメンタリー 世界遺産シリーズなども出ていますね監督はミュージックビデオなどで知られる中野裕之。編集を変えた2バージョンそれぞれ約25分程度の内容です。気になる映像美は全編ヘリからの空撮と言…

『バックマン家の人々』(1989)-647

メアリー・スティーンバージェン(カレン) キアヌ・リーヴス(トッド) 発掘良品は本当に良品なのか?嫁には『噂のモーガン夫妻』クマのいる家の嫁だったM・スティーンバージェン奇声を発する『アマデウス』トム・ハルス、そして何気にでてくるヤサ男はキア…

『ハリーとトント』(1974) -646

70年代ニューシネマの鼓動を感じる103本 見たのか俺シリーズエレン・バースティン 映画でも犬が主役の作品沢山ありますが、猫となると数は少ない『ハリーとトント』ハリーは主役の元教師もうじじいで72歳ね、相棒が猫のトントこちらも11歳と老猫です。猫好き…

『バロン』(1989)-645

☆テリギリワールド満載な一本☆

『バレンタインデー』(2010)-644

☆豪華キャスト恋愛群像劇だが・・・☆

『バニシング・ポイント』(1971)-643

☆ひたすら走るこれが70年代ニューシネマだ!☆

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009) -642

☆クレイジーだぜ!レスリー・チョー☆

『パンズ・ラビリンス』(2006) -641

スペイン版ファンタジーは悲惨な戦争物語

『母なる証明』(2009)-640

母には「これぐらいは基本」

『白鯨』(1956)-639

シーシェパードよこれを見ろ

『バグダッド・カフェ』(1987)-638

ルート66とドイツ中年女

『ハートブルー』(1991)-637

『バッファロー'66』(1998)-636

生き方を忘れた男のラブストーリー

『バージニア・ウルフなんかこわくない』(1966)-635

ハリウッド映画を変えた過激なセリフ

『パリ空港の人々』(1993)-634

どこでもない場所にいる誰でもない人々

『バルカン超特急』(1938)-633

ヒッチコックを見たのか俺?シリーズ消えたおばさんは何者?

『薔薇の名前』(1986)-632

笑い厳禁、恐怖の異端審問会

『パーフェクト ワールド』(1993)-631

逃亡者とエホバの少年

『バーレスク』(2010)-630

歌で魅了するエロシチズム

『花嫁の父』(1950) -629

エリザベス・テイラーを見たのか俺?シリーズリズ18歳、でもスペンサー・トレイシー映画

『パリより愛をこめて』(2010)-628

とりあえず撃ち殺す!好物チーズバーガー

『ハリーの災難』(1955)-627

ヒッチコックを見たのか俺?シリーズ第19弾シャーリー・マクレーン映画初登場

『パリの恋人』(1957)-626

オードリー・ヘプバーン強化特集:第7弾踊るオードリー魅力全開な28歳

『張込み』(1958)-625

S!A!G!A佐賀市で張り込む

『二十日鼠と人間』(1992)-624

人のためにこんなにしてやるやつをオレは見たことがねぇ

『パーフェクト・ストレンジャー』(2007)-623

誰にでも秘密はある