PONYの缶詰

映画・小説・旅行・カメラ・グルメ・日常のざれごとを面白く書く

2019-03-15から1日間の記事一覧

『トゥルー・グリット』(2010)-550

蘇る西部劇は映像が美しい!

『東京物語』(1953)-549

核家族、親と子と親戚

『毒薬と老嬢』(1944)-548

連続殺人天使の館

『トランスアメリカ』(2005)-547

ロードムービーで今年を締めくくる

『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989)-546

人として正しい事など暑さの前に無力

『ティファニーで朝食を』 -545

961年:監督:ブレイク・エドワーズ:出演:オードリー・ヘプバーン 、ジョージ・ペパード 、パトリシア・ニール、バディ・イブセン 、マーティン・バルサム 、ホゼ・ルイス・デ・ビラロニア 、ミッキー・ルーニー変な日本人がアクセントです/ユニオシ:ミッキ…

『天使と悪魔』 -544

0『天使と悪魔』(Angels & Demons) /2009年公開/アメリカ映画。トム・ハンクス - ロバート・ラングドンユアン・マクレガー - パトリック・マッケンナ(カメルレンゴ) あらすじ: 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イ…

『ディア・ハンター』(1978)第51回アカデミー作品賞-543

0メリル・ストリープ(リンダ) ジョン・サヴェージ (スティーヴン)ペンシルバニアの田舎町を爆走するタンクローリーから映画は始まる若き日のメリル・ストリープと婚約者のジョン・カザールが共演遺作となります。(カザールは俳優紹介で取り上げます)ご冥…

『鉄道員』(1956) -542

0エドアルド・ネヴォラ(サンドロ)鉄道に働く初老のガンコな父親と末っ子のアンドレア以外は衝突ばかりする長男と長女。そんな家族を優しく見守る母親。その家族の姿が、主に末っ子の少年の視点から語られていく。監督自身の名演に加え、ネボラ少年も好演。…

『天井桟敷の人々』(1945)-541

アルレッティ(ガランス)マリア・カザレス(ナタリー) 1840年代パリのタンプル大通り。パントマイム役者バティスト(バロー)は、裸に近い踊りで人気のガランス(アルレッティ)に恋をする。犯罪詩人ラスネールや俳優ルメートルも彼女に夢中だ。一方、…

『テルマ&ルイーズ』(1991)-540

飛べ!サンダーバード

『天地創造』(1966)-539

人類創造の一大スペクタクル巨編

『天国の日々』(1978)-538

ギアのあどけなさ&風景画

『デストラップ・死の罠』(1982)-537

『シドニー・ルメット監督』見たのか?俺シリーズどんでん返しの末に霊媒師は見た

『天国と地獄』(1963)-536

身代金誘拐事件発生!

『てぃだかんかん』~海とサンゴと小さな奇跡~(2010)-535

海を上等にするサー

『デッドマン・ウォーキング』(1995)-534

死刑執行がもたらす意味とは?

『デビルクエスト』(2011)-533

魔女に偽装した悪魔クェッ!クエッ!

『テンダー・マーシー』(1982)-532

ロバート・デュヴァルの魅力

第一回作品賞『つばさ』-531

第一回 1928年 アカデミー作品賞:『つばさ』(Wings)1927年:パラマウント製作:アメリカ映画(サイレント映画)クララ・ボウ ゲイリー・クーパー “航空映画”の元祖とされる無声期の大作。幼なじみの若い男女、メアリーとデビッドの恋のさやあてを軸に、第一…

『月に囚われた男』(2009)-530

死は、現実の続きそして再生は夢の終わり

『追憶』(1973)-529

赤狩りを正面から捉えた骨太恋愛映画の傑作

『月の輝く夜に』(1987)-528

オールタイム・ベスト 映画遺産200より選出「午前十時の映画祭」 第二弾!上映作品満月ポン!恋するイタリアーノ♪

『TSUNAMI-ツナミ-』(2009)-527

庶民のラブロマンス・パニック映画

『ツーリスト』(2010)-526

レトロなスパイロマンスの香りを楽しむ

この景観のみで勝負する寺。『室生寺』奈良県

わざわざ行って見る価値はある クリアファイルもこの景観一点 季節 春 季節 冬 奈良公園あたりの観光地と違い、山深い奥地にある室生寺には、外国人の姿もなく まばらにいるのはジジイとババアだけ 車の通る音もひとの声も聞こえない静寂、これやがなぁ~求…

『椿三十郎』(1962)-525

1961年度邦画配給収入1位

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー-524

チャーリー・ウィルソンズ・ウォータイトルだけだとどんな映画がつかめないでしょうがそのまんまチャーリー・ウィルソンズって実在人物の戦争です役者は豪華アカデミー俳優がそろって出てますトムハンクスにジュリアロバーツとかねなんの戦争かと言うとソ連…

『チェンジリング』-523

『チェンジリング』魂で泣く本当にあった話って・・・これは実話だけにあまりにやるせなくて不条理な世界でした80年前のロスってこんなんだったんだ でも当時なら日本だってこうだったんだろうなーアカデミーを逃したけど う~んなんだろ最後まで見てはし…

『チェ28歳の革命』 -522

『チェ28歳の革命』「戦況を変えるのは、兵士の数ではなく、たったひとりの無名の兵士の献身的な活躍である」ゲバラについては前からぜひ知りたかったので2部作のはじめこれを見てみたあう人にいつもチェ山田君、チェ鈴木君などど言うくせがあったゲバラこ…