PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

④賢島の旅・宝生苑は加賀屋に負けてはいなかった編

どうもぅぉー!任侠旅の宿そこまで言って委員会PONYです。

伊勢志摩の中でもリアス式海岸を堪能できる賢島。

どこに泊る?

最初に浮かぶのは、伝統と格式のシマカン(志摩観光ホテル)

作家山崎豊子が好んで利用していたホテル(ザ・クラッシック)

「華麗なる一族」も「白い巨塔」も「沈まぬ太陽」も皆ここで執筆している。

天皇家様たちも必ずここに宿泊します。

隣接する「志摩観光ホテル・ザ・ベイスィート」に宿泊したことがありますが

2名で泊るには広すぎるスィートで高級な割に印象が薄い。

もちろんここは、「優雅なる晩餐」とセットで行く場所ですね

(このセットはとても手がでないけど)

 

あとはねーお金が余って捨てたい!って変態なやつだと

「アマネム」もあるけど無理~~~~

 

そこで今回紹介するのがなんと!

一泊二食付きで

9800円!

エセセレブを詐称する俺たちの今まで最低価格

大丈夫なのか?

いってみた

f:id:pony3:20200710224554j:plain

宝生苑全景

高台に建つシマカンよりも海辺で立地が良いです。

f:id:pony3:20200710224458j:plain

フロントロビー

f:id:pony3:20200710224526j:plain

入った途端に広がるこの昭和バブリーな世界は、和倉温泉「加賀屋」に匹敵します

f:id:pony3:20200710225309j:plain

館内庭園

f:id:pony3:20200710225334j:plain

琴演奏するところ

f:id:pony3:20200710225436j:plain

茶室

f:id:pony3:20200710224847j:plain

ゲームコーナー

f:id:pony3:20200710225132j:plain

ボウリングもあったで

f:id:pony3:20200710225225j:plain

温泉がまた素晴らしかったです。露天風呂も英虞湾を一望できて
室内浴槽も窓がすごく大きくて見晴らしよし。今コロナでほぼ貸し切り状態でした

f:id:pony3:20200710224624j:plain

ロビー裏手からの風景です。

f:id:pony3:20200710224735j:plain

部屋の窓からの景色

f:id:pony3:20200710224651j:plain

f:id:pony3:20200710224711j:plain

f:id:pony3:20200710224800j:plain

海に浮かぶ真珠の養殖いかだと複雑に入り組んだ英虞湾(あごわん)は、いつまでも

飽きずに見ていられた。

f:id:pony3:20200710225203j:plain

TVでは九州に線状降水帯

上のような写真を載せるのが通ってやつよ

f:id:pony3:20200710224927j:plain

夕食処へ

f:id:pony3:20200710225109j:plain

どの席からも海が見渡せます。僕らは半個室でした

 

f:id:pony3:20200710224954j:plain

f:id:pony3:20200710225020j:plain

夕食のメニューざんす

f:id:pony3:20200710225046j:plain

ちょこっとあわびなんかも

f:id:pony3:20200710225245j:plain

朝食

安倍首相もサミットんときはここへ宿泊しました。

9,800円でのレベルじゃないよね~ここ

加賀屋は、和式旅館らしい接客でしたが、宝生苑は、和風ながらもホテルのような

つかず離れずが好印象でした。

なによも値段が加賀屋の3分の1ですからね~コスパ最強レベルです。

 

俺たちは気に入ったホテル・旅館には何度も通いますが、一度いったら

もういいかってとこにはいかない。(誰でもそうやろ!)

 

「賢島宝生苑」  晴れた日に必ずまた行きたい旅館だった

この景色は忘れない。

www.hojoen.com