PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

キツネ目の男、圧倒的リアリティな『罪の声』塩田武士

f:id:pony3:20190518234322j:plain

グリコ・森永事件がそこにあった。

f:id:pony3:20190621140338j:plain

今キツネ目の男と聞いて反応するのは、おそらく現在すでに50代~上の世代だろうか

f:id:pony3:20190621140704j:plain

当時、大々的にメディアに出てきた「キツネ目の男」しかし彼は犯行グループの

一人に過ぎず首謀者でもない。

脅迫された企業は、グリコ・森永製菓・丸大食品・ハウス食品・不二家・駿河屋

グリコ社長の拉致監禁~青酸入り菓子のばら撒きなどとてつもない事件を次々に

起こしながら誰ひとり捕まることなかった「未解決事件」

f:id:pony3:20190621141509j:plain

この事件とはいったいなんだったのか?僕もこの本を読むまでは、漠然とした記憶しかなく忘れかけていた。

いったいどこまでが、ノンフィクションでどこが小説なのかさえ掴めないほどの

圧倒的なリアリティが、これまでにない読書欲をそそりました。

中でも、終盤事件の大きな山場を迎える、犯人たちと警察の攻防の舞台になった

名神大津サービスエリア。本を読んだ翌日にたまたまそこへ行ったので

とても不気味な場所として映った

f:id:pony3:20190621142130j:plain

グリコ・森永事件 - Wikipedia

 

おすすめ度数:🌟🌟🌟🌟