PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

父死亡ス。初めての喪主、葬儀の世界を目に焼き付けた。

16日の日曜日再び、父キトクスグカエレの知らせがあり

335キロを爆走し実家のある鳥取県倉吉へ向かう。

駆け付けた病室の父は、まだ当分大丈夫なように見えた。

翌日17日早朝病院よりヤバイです!すぐきての知らせ。この時点でも

まだ大丈夫な感じだったので帰宅し(倉吉実家)、暇なのでふらっと

観光に出かけ(こんな時に観光かよ!)もう一度念のため病室を覗く。

まだ全然いけそうなので帰宅。

 

しかし・・・その2時間後「父親死亡の知らせ」ガガ~~ン!

f:id:pony3:20190620213127j:plain

f:id:pony3:20190620213212j:plain

死体とともにまる二日間を葬儀場内で過ごし、通夜、葬儀へと進んだ。

すべてが初めての経験。今日20日は葬儀のあと火葬場へ行きまして

遺体の入った棺桶を焼却炉の中へ入れ、最後の「点火」のスイッチを押した。

1時間半後、今度は反対側から焼けて骨だけになってもた遺骨を壺に入れる。

f:id:pony3:20190620213838j:plain

一連の流れは、葬儀屋がリードしてくれた。全く滞りなく進行する彼らの仕事裁き

に、こんなプロ集団がいるんだと感動した。

葬儀なんて一番安いやつでええやんけ~と切り詰めたが、それでも総費用は

100まんえん。

どうしてもこれくらいかかってしまうもんです。

 

死後の手続きと言うのもあれこれと煩雑で、疲れました。

 

PONY父。2019.6.17逝去 享年88歳 

 

さらばじゃ・・・おとん