PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

マジで頭がヘンになりかけた『ドグラ・マグラ』夢野 久作

これを読む者は、一度は精神に異常をきたす

f:id:pony3:20190609112943j:plain

f:id:pony3:20190609113122j:plain

 この過激な表紙と、過激なキャッチコピー

『これを読了した者は、数時間以内に、一度は精神に異常を来たす、といわれます』

『読者にいかなる事態が起こっても、責任を負いかねます』角川書店。

 

はいはいはい!読みます!読ませておくれー

飛びつきました。

 

ところがです、人間の精神病に関するものすごく興味深い内容なのですが

なんせ読みづらくて難解きわまりない。エロ路線でもなくグロ路線でもない

精神科の教本のような一面も備えており益々、挫折しそうになるが、

後半のある部分から一気に小説らしい部分があり読破できた。

 

根本は、物凄い本であります。今世に出ている精神病小説や多重人格小説の

本質はきっとここから始まるのかもしれません。

「胎児の夢」と言うくだりがあるのですが、特に引き込まれる部分でありました。

 

僕は、この本を読んだあと・・・・精神に異常をきたしました。

角川書店!責任取ってくれや~~~


日本文学史に残る奇書『ドグラ・マグラ』を見事に映画化!待望のDVD復刻!