PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

②和倉温泉と言えば『加賀屋』なのはなんでか?その魅力について

バブル黄金時代を生かした作りが令和でも通用する

f:id:pony3:20190508111857g:plain

f:id:pony3:20190508111938j:plain

年齢を重ねるごとに旅行でのスタイルも変わり、もっぱら『離れ』や『別邸』など

自分たちだけの世界に浸れる宿を求めるようになって加賀屋のようなマンモス旅館は

あえて敬遠してきた。

団体客がいて騒々しい、うるさい、落ち着かない・・そんなイメージからね

でもね、ふとそんな中にあっても何故?『加賀屋』は、日本一であり続けられるのか

結論から先に言うと素晴らしい旅館だった

f:id:pony3:20190508112908j:plain

七尾湾に浮かぶように建てられた加賀屋は、パっと見のビジュアルは雑然とした感じ

f:id:pony3:20190508113238j:plain

f:id:pony3:20190508113305j:plain

車寄せからロビーにかけて歩くとすでにそのスケールの大きさが感じられる

f:id:pony3:20190508113516j:plain

加賀屋玄関の前あたり

f:id:pony3:20190508113620j:plain

皇族御用達。

f:id:pony3:20190508113821j:plain

こんな方や

f:id:pony3:20190508113901j:plain

こんな方とか

f:id:pony3:20190508113928j:plain

こんな方々を迎えるには、それなりのものが備わっているからだね

f:id:pony3:20190508114121j:plain

館内はバブリー感が半端ない

f:id:pony3:20190508114214j:plain

とにかく何もかもがどでかい

f:id:pony3:20190508114308j:plain

f:id:pony3:20190508114503j:plain

突き出た部分にはこのような細かな配慮がなされている

f:id:pony3:20190508114621j:plain

館内は美術工芸品が、いたるところに配置してある

f:id:pony3:20190508114808j:plain

どの生花も一切しおれていない

f:id:pony3:20190508115016j:plain

神社みたいなのもある

f:id:pony3:20190508115219j:plain

お土産コーナも安価なものから高価なものまでいくつもの店舗があった

f:id:pony3:20190508115346j:plain

愛煙家にはこの喫煙ルームの作りも大事なのね

f:id:pony3:20190508115432j:plain

しぶい作りになってますね~

f:id:pony3:20190508115549j:plain

f:id:pony3:20190508115632j:plain

なにしろとてつもなく広く、大きい何もかもがバブリーだ。

うまく迷わないよう配慮されていた。

短い周期でリニューアルを繰り返しているようで全く古さを感じさせないように

なっています。  ざっと館内のごく一部でした

つづきはこちらから

pony3.hateblo.jp

前回の記事はこちらへ

pony3.hateblo.jp