PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

②アイランドテラスニーラ/宮古島旅行記~2019.3.30~4.2

陽光・海風・静寂だけの至福の宿

ニライカナイと言う言葉がある。海の彼方には神々が住む楽園があってね

その場所の名前が「ニライカナイ」または、「ニーラ」

f:id:pony3:20190402215238j:plain

ガイドブックにはほんの小さな記事が紹介されているだけですが、本当のエセセレブは

ここに滞在するにーら。 宮古島本島から池間大橋を渡り少し走ると到着。

この先にはなにもない。てか開発されたシギラリゾートなどとは全く異なるテイストだ!

路肩にはハイビスカス🌹が咲き乱れる。

f:id:pony3:20190402220555j:plain

まずは、部屋の中の様子からです。そうそう部屋は全部で5つ。すべて独立したコテージと言うか一軒家です。ロイヤルスイート1、サンセットスィート1、シーサイドスィート3。泊ったのはシーサイドスィートです。中に入ってみよう。

f:id:pony3:20190402221404j:plain

ベッドルーム。とにかく徹底的にどうすれば快適に過ごせるか考え抜かれている。

既存の高級ホテルとは一線を画す。オーナーのこだわりが半端ない。

f:id:pony3:20190402221821j:plain

昼寝をしたり本を読んだり出来るデイベッド。一見うすい敷き布団のようだが実は

床が掘られていてふかふか♪ この場所がとにかく最高に心地いい。二面を大きく取ってある窓からの陽光、海!もういつ死んでもいいと思う。

f:id:pony3:20190402222326j:plain

バスルームは内風呂からも思いっきり海が見える。外にはジャグジーもあります。

f:id:pony3:20190402222541j:plain

テラス。前後、左右ともにありえなく広い。

f:id:pony3:20190402222730j:plain

デイベッドから見たリビング。

f:id:pony3:20190402222956j:plain

テラスの前には、東屋があります。ハンモックや、寝そべる椅子なんかもあり

いつまでも見飽きない宮古ブルーの海が見える。最高だ!

f:id:pony3:20190402223255j:plain

テラスの前に東屋、その前にはプールが、あります。

f:id:pony3:20190402223458j:plain

エステ棟、海辺の4000㎡もの敷地にたった5棟の贅沢な配置は、一日誰とも会わずに

過ごすことが出来る。

f:id:pony3:20190402223806j:plain

さらなる至福はまだあります。

f:id:pony3:20190402224258j:plain

プールの横の階段を降りるとビーチへ出れる。即海!だ

f:id:pony3:20190402224522j:plain

エメラルドグリーンのビーチは俺たちだけのもの最高だぜ!

とにかく静かだ!聞こえるのは、波音と鳥のさえずりのみ!それ以外の音は一切しない

まさに究極の宿である。オーナーの話だとこれ以上ここに建物を建てないらしい。

是非そうしてもらいたい。そして本当はここは誰にも教えたくない場所だ。

良くあるのが、ホテルのHPの写真と実際行って見たらかなり違うしぃ~みたいな

所が多いですが、ここは自分の撮った見た風景の方がホテルのHPを上回る!ほんとに

素晴らしい場所です。

でも一応リンクを付けておく優しい俺。 

 

www.neela.jp

 

次回へつづく