PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『ラブ・アクチュアリー』(2003)-900

19人が織り成すそれぞれの愛のカタチ――それはあなたの物語(ストーリー)。’

監督: リチャード・カーティス /出演: ヒュー・グラント: 英国首相デヴィッド


「ノッティングヒルの恋人」「ブリジット・ジョーンズの日記」の製作スタッフが、クリスマスを目前にしたロンドンを舞台に、男女19人が織りなすさまざまな恋愛模様を同時進行で描く心暖まる群像ラブ・コメディ。「ノッティング~」「ブリジット~」などの脚本を手掛けたリチャード・カーティスが本作では脚本のみならず監督デビューも果たす。ヒュー・グラント、リーアム・ニーソン、エマ・トンプソンをはじめ、新旧の人気英国人スターを中心に豪華共演。
 12月のロンドン。クリスマスを目前に控え、誰もが愛を求め、愛をカタチにしようと浮き足立つ季節。新たに英国の首相となったデヴィッドは、国民の熱い期待とは裏腹に、ひと目惚れした秘書のナタリーのことで頭がいっぱい。一方街では、最愛の妻を亡くした男が、初恋が原因とも知らず元気をなくした義理の息子に気を揉み、恋人に裏切られ傷心の作家は言葉の通じないポルトガル人家政婦に恋をしてしまい、夫の不審な行動に妻の疑惑が芽生え、内気なOLの2年7ヵ月の片想いは新たな展開を迎えようとしていた…。



❤合コン、宴会、パーティなど自分は大勢の中に埋もれるのが苦手で

どちらかと言えば映画も一つの話題をじっくり描いたものが好みであり

その意味ではこの『ラブ・アクチュアリー』はいくつもの違う人間のクリスマス前のストーリー

ちとキツイかとも思ったがいえいえイケテました♪(どないやねん俺)


「ノッティングヒルの恋人」では泣かなかったがこちらではホロリくる場面がありましたね
作家のジェイミーが南フランスのコテージで合うメイドのオレーリア

別れを告げてイヴに実家のイギリスへ戻るジェイミーが玄関先で思いなおしてフランスへ


彼女が働くバーで2階から見つめるオレーリアへプロポーズ

答えはもち【YES】


うかつにも泣けるぜぃ



もうひとつは、あのオスカーシンドラーを演じたリーアム・ニーソンと子供のやりとりですね
空港の中を全開で走り抜けて彼女に告白するシーンも良かったです。


え?


ヒュー・グラントは書かないのかって?



今回はかっちょええ英国首相だったとだけ記しておきます(笑)


9.11のあとだけにテーマは『愛』 他にもいいエピソードが盛りだくさんの映画でした