PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『ブロードウェイ・メロディー』第二回アカデミー賞作品賞1929年 -748





世界初の全編トーキーによるミュージカル作品であり、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーミュージカルの第一作目。アカデミー賞作品賞(第2回)を、トーキー映画として初めて受賞した。他、監督賞と主演女優賞(ベッシー・ラヴ)でも候補となっている。

またこの映画は全米のほとんどの映画館でトーキー封切り作品として公開され、興行的にも大ヒットを記録した。1929年当時はトーキー映画の草創期であると同時に、性的表現の規制が強くなった時期でもあり、楽しさ溢れる歌と音楽、肌が露わになったセクシーな衣装を着た踊り子たちの健気な色気は、この映画の大きな売り物となったのである。またアメリカ人にとって粋な掛け合いが満載という脚本も評判を呼んだ。

あらすじ:数年ぶりに会った恋人のハンクや、その妹のクィニーらとともにニューヨークの舞台に立つことになった歌手のエディ。やがてエディはクィニーを愛するようになるが、姉に気兼ねしたクィニーは、ならず者のジャックに近づいていく。一方、エディの心変わりを知ったハンクは…。


♠アカデミー作品賞でも全部が当たりとは限らない

この映画は世界初の全編トーキーが売りであり1929年当時には画期的だったのだろう

しかしながらサイレントの前年作品賞の「つばさ」からすれば初のトーキーも完成されたサイレントにはかなわない


全然ダメななわけではありませんよ 


ブロードウェイ目指す姉妹がいて 姉の婚約者がいるんだけど

こいつが妹に惚れてしまいややこしい関係に発展云々・・と筋はそれなりに面白い


モノクロでもいい映画はあるがこれはちとキツイかも

80年前にこれを見てたらOKなんだろうが 古臭い映画だったなーとしか言いようがないです。

ちと残念だったかも 


まーアカデミー全作品見るって宣言したんだから文句は言うまい