PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『ハスラー』(1961) -655









ジャッキー・グリーソン(ミネソタ・ファッツ)
ジョージ・C・スコット(バート)












『ハスラー』とは勝負師、詐欺師、売春婦。ポールニューマン登場♪
そして憎たらしいギャング風金持ちにパットン将軍(パットン大戦車軍団)のジョージ・C・スコット
最もまだパットン将軍の10年前の映画なので顔は若い!

麻雀、パチンコ、競馬、カジノそしてビリヤードとどのギャンルブルにも「プロ」と呼ばれる男がいる
傍からみるとカッコイイ存在ですが、実際にはそれで生きて行くのは至難の業でありまた、そこは社会の
底辺でもがく蜘蛛の巣でもある。

僕はかつて1年間果たしてパチンコだけで生活できるか実戦して見たことがあります。あの時期ほど
パチンコがこんなに苦しくて毎日朝が怖かったことはない。そして同じような人間と知り合ううちに
ダメだこんな奴らといたらいよいよ人間落後してしまうと思いました。

15年間無敗を誇るプロハスラーのエディはミネソタ・ファッツと言う相手と戦い
最後には勝つ しかしこの映画はそこよりもエディの周囲にいる人物 ゆきずりの女サラ
始めの相棒チャーリー、次の相棒バートを通してプロのギャンブラーとは周囲が祭りあげた「偶像」に過ぎないことを教えてくれる。

いつもポケットに突っ込んだしわくちゃな紙幣が、彼らにとっての「お金」はカジノにあるプラスチックで出来たチップと変わらないことを物語る。

ポール・ニューマンが主役として花開くきっかけになった傑作