PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『卒業』(1967)-462











アン・バンクロフト(ミセス・ロビンソン)







アメリカン・ニューシネマを代表する作品の一つ。テーマ曲は、サイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」




大学を優秀な成績で卒業したベンジャミンはサンフランシシコの実家へ戻ってくる
家はプール付きで裕福だ 親の敷いたレールからの『卒業』をニューシネマらしく描きます

この映画の筋を知らない人はいないでしょうが 彼の父親の友人(共同経営者)の妻ミセス・ロビンソン
とチョメチョメする部分が前半 後半は彼女の娘エレーン(明日に向って撃て! (1969)のキャサリン・ロス)との恋 そして教会のシーンへと続きます

ホテルに入ったダスティン・ホフマンはブラ一枚になったミセス・ロビンソンの片乳を思わず
掴むのですが、ミセス・ロビンソンは脱いだブラウスのシミが気になりしきりにそれを直す
羞恥心でホフマンは壁に頭を打ち付ける。実にリアルでおもしろい

誕生日に父からプレゼントされた真っ赤なアルファロメオを終始ラフに扱い
ラスト教会の前でガス欠して乗り捨てるシーンに「敷かれたレールからの『卒業』」を感じます。

今見ても全く楽しいし色あせず 全編にわたり流れますサイモン&ガーファンクルには
リアルタイムな年齢の僕には思わず涙がでそうな名作中の名作でした。