PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『スカーフェイス』(1983) -420










スティーヴン・バウアー(マニー・リベラ)
ロバート・ロジア(フランク・ロペス)
F・マーレイ・エイブラハム(オマー)









さて『スカーフェイス』SCARとは皮膚の傷跡 ‘顔にキズのある男’またまた登場アル・パチーノであります。

今回のは大作ですぞー約3時間ものです。またギャング映画じゃないの?いえいいえ
ギャング映画です(笑)

反カストロ(スカトロじゃないぞ)主義者としてキューバを追放されマイアミにやってきた
さえない男がトニー(パチーノ)こいつが麻薬売買で成り上がる

今回はほんとにBIGマネーを掴みまして夢みた悪趣味な豪邸やロールスロイスそして
女(ミシェル・ファイファー)をも手に入れます。ダサイ下っ端役が多いので出世していくとこは
痛快でもあります。

下っ端時代から超強気な態度でして気に入らない奴はぶっ殺す!

初めのボスであるフランクの片腕にオマーと言うのがいましたがヘリに吊るされ殺される
このF・マーレイ・エイブラハムこそ「アマデウス」のサリエリ(サトエリじゃないぞ)役の人ですね(セルピコにも出てます)

最後はどうなる?ですか なんのコネクションもないキューバ人のチンピラが
暗黒街で目立つ 結末は見えてます・・・

マイアミビーチの上空を飛ぶ飛行船に書かれた「"The World is Yours"(世界はあなたのもの)」
彼は満足してこの世界を生きたに違いない


良かったですこれ 見ごたえあり