PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『シャッター アイランド』(2009) -367










マーク・ラファロ (チャック)












映画のスタイルも随分変わってしまった。

文字を入れ替えると‘真実’と‘妄想’なるスペルに変化する『SHUTTER ISLAND』(Truths and Lies) 不気味な謎解き映画です。デカプリ男はこんなん好きやねー『ザ・ビーチ』とかね

海に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”そこは犯罪者精神病院
ひとりの女が脱走したとのことで保安官テディと相棒は島に向かうのだが・・

物語は全く違う方向へと動きましてカナメは、テディは「患者」だったのか?
絆創膏、水、C棟、相棒、老婆、メモ・・・などなど 見てる方がロボトミー(ロボ=前頭葉/トミー=切断)手術受けたろか~となってきます。

公開からだいぶ経過してレンタルも開始され この映画を様々に解釈する記事が出て来まして
見終わった後でも ひょぇ~~そうなんや と楽しめます。

全然スカッ!と爽やかな映画じゃないので好き嫌あるかもです。
同じ孤島なら僕は『ウィッカーマン』のニコラス・ケイジみたくあっさり焼かれて死にたい。