PONYの缶詰

映画・小説・旅行・カメラ・グルメ・日常のざれごとを面白く書く

『3時10分、決断のとき』(2007)-327






クリスチャン・ベイル


3:10 TO YUMA 1957年『決断の3時10分』のリメイク


『イージーライダー』でかっこいいバイクに乗ってたピーター・フォンダ今度はこれで出動だ!









荒野のならず者ボス(ラッセル・クロウ )が捕まって彼をコンテンションの駅までクリスチャン・ベイルらが護送し〈ユマ行き3時10分発〉の汽車に乗せるのだ。

これでベイルは200ドル貰えるわけね 実に明快なストーリーアリゾナ舞台の西部劇です


護送のわりにいつでもクロウは逃げられるユルユルだぜー 手錠もたいして効果なさげです(笑)
ザコは撃たれると即死ですが主要メンバーたちは撃たれようが牛の大群に踏まれても簡単には死なない


イージーライダー(ピーター・フォンダ)など至近距離から腹部を撃たれるも1時間後には
もう元気やし


見どころは駅まで残り800メートルの部屋 クロウとベイルの取引きそして

「俺には誇れるものが何もない」

壮絶な800メール駅までの銃撃戦! 果たしてクロウは3時10分のムショ行き列車に乗るのか?!


ラスト息子が語りかけます「父さんを尊敬するよ」


なかなか面白かったぞなもし