PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『グッド・バッド・ウィアード』(2008) -256

監督: キム・ジウン甘い人生』 『反則王』

出演:ソン・ガンホ(ユン・テグ(変なヤツ)/イ・ビョンホン(パク・チャンイ(悪いヤツ)/チョン・ウソン(パク・ドウォン(良いヤツ)


製作国 韓国 /上映時間 129分

これがキムチウエスタン!最後の決闘場面


我が家にあった【イ・ビョンホン】バッグ さらに


左からイ・ビョンホンマグカップ/イ・ビョンホン時計/イ・ビョンホン小銭入れ/イ・ビョンホンボールペン まだある


イ・ビョンホン陶器セット(笑)



1930年代の満州。そこは満州事変以降、様々な民族・人種が入り乱れ、無国籍空間と化した混沌の大地。プライドが高く、何事も一番でないと気が済まない“ギャングのボス”パク・チャンイは、荒野を疾走する大陸横断列車を襲撃する。その目的は日本軍が残した“宝の地図”。ところがそれを“間抜けなコソ泥”のユン・テグが横取りしてしまう。するとそこに、並外れた狙撃の腕を持つ“賞金ハンター”パク・ドウォンがチャンイの首を狙って現われる。やがて3人は宝の地図を巡って虚々実々の駆け引きを繰り広げ、さらに日本軍も加わって大混乱の争奪戦はますます激化していくが…。



❤韓国映画は久しぶりに見ます。実はかつて韓流ブームにのり片っ端から韓国ドラマを見てまして
今回の主役3人も馴染み深いんです(もちろん向こうは知らないが)

まずこのDVDの音声が6.1CH/DTS.ES仕様でしてこいつが素晴らしい迫力で
音楽も多い映画なのでこれは加点要素でした。

キレてる悪党のイ・ビョンホン、賞金稼ぎのガンマンがチョン・ウソン、そしてどんな映画に出ても
おもろい奴ソン・ガンホ この3人が宝の地図を奪い合いながら目的地に向かいます。

ここでは人の死など二の次で殺して殺してシバイテどついてどついて
指とか足とかも平気で切断しまくります~~~

そんなダーティな映画にソンガンホがいるおかげて笑える

ここですか?満州ってことで日本軍なんかも出てきますし日本軍の指揮官 おいおい白竜じゃねーか
てかあんた日本軍じゃないと思うが・・


でね、ドタバタ&ドンパチしながら最後に3人が宝の地図の場所にたどり着き

3人で真昼の決闘 ババババーん!! みんな撃たれる





中々みんな死なない(笑)



果たして宝は本当にあったのかぁ?!