PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『巨星ジーグフェルド』第九回 1936年アカデミー作品賞-234


 1936年に製作・公開/アメリ
第九回 1936年アカデミー作品賞




❤初めは宇宙の大きなジーグフェルドって星の話かな?なんて全く知らずにとりあえず

上映開始だぁ


時はなんと1893年のシカゴ万博会場です 古ぅ~~~!

ここで出し物の支配人やってるのが主人公の【ジーグフェルド】です

その出し物ってのが怪力男のサンドゥが350キロのバーベル持ち上げるだけ

しかも実際には100キロくらいのやつ(笑)


出だしからなにやらお堅い映画ではなさげです


掴みはOKです♪


やがて万博も終わり【ジーグフェルド】はブロードウェイの興行を始めるのですが

成功と失敗の繰り返し

莫大な金を持ったかと思うと翌日には破産

そんな当時の根っからの興行人が良く描かれている


中盤にこの映画の圧巻である1シーンで撮影されたらせん階段のついた円錐形の回り舞台

これには今まで見たどんなミュージカル場面も脱帽の迫力があり

このシーンのみでもアカデミーものです。


ここらで映画終わっても良かったのだが


なんと3時間近くもあったのだ



その後も色々と忙しく成功と挫折を繰り返しやがて【ジーグフェルド】年老いて

気力がうせてきますが・・・



療養中の窓辺から外を覗くジーグフェルド

そこには、ショウボートなどを手がけた、米レヴュー界の第1人者、ジーグフェルドの生涯を語るかのように燦然とブロードウェイのネオンが・・


静かに次回公演を夢みて手にした一輪の欄

花弁が床に落ちて彼の生涯を閉じます。


楽しい映画です。興行王【ジーグフェルド】の生きざまは夢を追う男のロマン掻き立てますね~


良かった