PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『ガンジー』第55回アカデミー賞 作品賞受賞作品-187

1982年公開:イギリスとインドと合作映画


第55回アカデミー賞 作品賞受賞作品/監督:リチャード・アッテンボロー

インド独立の父モハンダス・カラムチャンド・ガンディー


予告編





ガンジー葬儀場面






♠インドでは今でも映画館では上映の前にスクリーンにガンジーの写真が写され観客は全員立ち上がり
敬意を表すると聞いたことがあります。

映画の中ではガンシーが捕えられて裁判にかけられるシーン

入廷し被告人席へつくガンジーに対して裁判官自ら起立するそして傍聴席全員が立ち上がり
敬意を表すあたり いかにすでに彼がインドで偉大な存在なのかが伺える


暴力への最大の武器は非暴力

この姿勢を生涯貫きインド独立へと国民を導くのですが

国内ではヒンズーと回教の争いが絶えずに

ガンジーを悩ませます。


そこで『断食』で国民を黙らせるわけですが


この行為自体 僕らの感覚ではそれほど意味あるの?って見ています


しかしインドにおけるガンジーはもはや【神】なのでしょうか


従う国民


深く考えさせられる映画ですが 映画として見ると

もう少し別の角度からガンジー像を描いて盛り上げてほしかったですね