PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『カンバセーション…盗聴…』(1973) -175










ジョン・カザール(スタン)
ハリソン・フォード(専務補佐)他




映画の背景:盗聴事件を象徴する「ウォーターゲート事件」(写真:ウォーターゲートビル全景)







GFで弁護士役の‘ロバート・デュバル’ でもって若き日のハリソン・フォード。

TVの特集でたまにやる『盗聴』普通考えもしないのですが、部屋のコンセントとかに
仕掛けられてたりするんですよね~実に不気味だ。

プロの盗聴屋を僕らが目の当たりにした事件と言えばニクソンを辞任に追い込んだ「ウォーターゲート事件」1972年6月 この映画にドンピシャです。

孤独な盗聴屋ハリー 依頼された若いカップルを盗聴し事件に巻き込まれるのですが
実は見透かされた罠

やがて盗聴屋であるはずのハリーが逆に盗聴されてる強迫観念に愕然とし
部屋中、電話機、コンセント、照明、壁、床しまいには部屋はボロボロになるまで
ひっぱがすが・・・ついに盗聴機はみつからない・・

途方に暮れたハリーはひとり部屋でサックスを奏でる


はたしてそうなのか?彼はこの道のプロであるはず
ハリーは初めから気付いていたんじゃないだろうか・・・わかっていてそこだけは唯一自分の
安らぐよりどころに触れたくなかったのでは・・

ラストシーンでハリーが吹くサックッス・・・ハッ!そこなのか!


盗聴屋にはなりたくない