PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

『アパートの鍵貸します』(1960)第33回アカデミー作品賞 -55


監督: ビリー・ワイルダー


出演: ジャック・レモン /シャーリー・マクレーン/フレッド・マクマレイ


ヒビの入ったコンパクトでいくつもの感情見せる名シーン


The Apartment




出世の足掛かりにと、上役の情事のためにせっせと自分のアパートを貸している会社員バド(レモン)。だが、人事部長のシェルドレイク(マクマレイ)が連れて来たエレベーターガールのフラン(マクレーン)は、バドの意中の人だった……。B・ワイルダー監督・脚本(ダイアモンドとの共作)による都会派コメディの代表作。主人公バドのやるせなさを見事に体現しているレモン、またレモンならずともほのかな恋心を抱かせるマクレーン(オスカー候補)の可愛らしさ、これがなければ、いかにワイルダーとは言え、ここまでの名作とはならなかったであろう


❤NYで従業員3万人を擁する保険会社に在籍するレモンは会社からいい位置にアパートを
借りて一人暮らし

そこへ目を付けた上役達が女とHする場所として時間制でレモンの『アパートの鍵』を借りて
しけ込むわけね レモンの見返りは会社での人事考課UP!

前半はレモンのおかしさ全開で 夜アパートでTV見るシーン映画『グランドホテル』とか
出てくるあたりは笑えます。


ところが中盤から後半にかけて人事部長とシャーリー・マクレーンの色恋沙汰には
ムカついてきます。 男もバカだが女もバカだなって見てました


キーポイントは『鍵』、『鏡』、『ラケット』、『ピストル』、『シャンペン』

シャーリー・マクレーンの態度がラストシーンまでちと都会的女の発想でしたね