PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

硬派から軟派へ、2代目MR2







初代のMR2は、とてもコントロールが難しい車で度々大通りの交差点で簡単に
スピンしてしまう。その分あやつる楽しみがワクワク感をもたらしてくれた。

丸みを帯びた新型は、1.6リッターから2.0リッターとなりエンジンも3SGEに
なった。3年乗ったMR2を下取りに出してまたもや36回払いローンで即決購入。

ターボなしのAT車でした。印象はスポーツカーの顔をした普通の車になっていた。
全然面白くもなんともない!なのでこの時期はもっぱらオンナを乗せては変態活動に
精を出していました。

スポーツカー時代にも翳りが見え始め、世間はバブルと共によりハイソな車を
求める時期だった。

次回の愛車:ハイソカーの時代GX61クレスタを現金で購入の巻。