PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

ハルキストとは『海辺のカフカ』 村上春樹



幸せとは寓話であり不幸とは物語である。


たまには賢そうな作家の本でも読んでみようぜー
今まで何冊か読んだ村上春樹は、その世界に脳がパンクしそうだった。
しかしこの本は、良かったね~ 春樹やっぱすげーな!

何よりちゃんとストーリーがあってしかも完結するのがいい。
もちろんこの一冊で膨大な量の知識も得ることができる。

東京に住んでる15歳の家出少年が、四国の高知へ行くのね、いろいろあって
また元にもどる。

生きることの意味、死ぬことの意味を深く考えさせられる。
後半になりカフカ15歳と60歳ナカタさんのパラレルで展開する見せ場が好きです。

読み終わるとかなりどんよりした気分になる。事実その夜は気分が悪くなり
寝付けなかった。長く記憶に残りそうな一冊でした。