PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

公安警察とは何者か『国境事変』 誉田哲也



日本は、陸地に国境がない。だが限りなく国境に近い場所がある。長崎県対馬


釜山までわずかに49.5㌔、日本本土までは145㌔もある。


舞台は対馬ー歌舞伎町(やっぱでてくるんだなココが)-対馬
刑事組織からは、おなじみの東警部補がクールに絡むのですが、今回の
主役は「公安」だ! なんなんだ公安て?!これを読め!だ。

在日朝鮮人から見た日本、韓国、北朝鮮が良く見える。
終盤の対馬での敵との攻防戦は、文字での表現の限界を感じる。

自衛隊員が言う、「国境近くの離島での発砲は、新宿などの発砲とは違い事変だ
事変とはすなわち宣戦布告なしに行われる国家間の戦闘行為だ。
対馬では今も国境の町として日々事変に備えている。

公安警察の仕事内容にかなり切り込んだ興味深い一冊。