PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

バカとつきあえ『火花』 又吉 直樹

生きている限り、バッドエンドはない・・・・
全裸のまま垂直に何度も飛び跳ね美しい乳房を揺らし続けている。←最後の一行だ。


底辺の芸人の生きざまと純文学の融合。比喩、暗喩を散りばめた世界は、ほとんど
あらすじなどどうでもいい。その点では確かに面白いんだが、やはりいくらなんでも
この主人公たちの生き方が、世離れしすぎている。

いや自分が知らない世界だけで、お笑い芸人には共鳴できる内容なのかもしれない
又吉先生はこの先どこへ向かうのだろう・・

芸人は馬鹿にされてるうちが華。