PONYの缶詰

奈良・京都・大阪・神戸中心に写真を撮ってアホなことを書くブログ

あなたはなに人間ですか?『コンビニ人間』 村田 沙耶香



コンビニ職場で働く人間を通して「普通」とはなに? 働くとはなに?を見事に
描いた秀作だった。今日の休日すべてをこの本読むことに集中してしまった。

吉田拓郎の歌で、「自然に生きてる。ってわかるなんて、なんて不自然なんだろう」
を思い出した。普通に生きてます。良く言うよね。それは誰かと比較してそう思うわけか、それとも自分自身の今までの生活の中での比較なのかもしれない。

普通=日常だとしたら主人公は、コンビニ店員こそが普通の場であり、世界だった。
規則正しく回る歯車のひとつである自分に安心する。でもどこかの歯車の歯が欠けたとき維持できなくなる普通の世界。

ON-OFFの切り替えが出来ない人間が多いのかもしれない。自分の場合は、ひたすら
OFFの為にONの世界で頑張る感じかな~

同じ職場に長くいると、他の世界が見えなくなり視野が狭くなる。
大学を出て終身雇用♪でいいやと思っていた僕が、23年間のサラリーマン生活を
あっさり捨てた時、つくづく「それ以外の普通」に気づかされた。

普通が一番。家が一番。 う~~ん平和だにゃ~日本は。